FC2ブログ

こたろうさんのブログ

父ちゃんとGP2の奮闘記 evolution series3









テストを兼ねて秋探し2(・∀・)b

みなさんこんにちはヽ(´ー`)ノ

こたろうです。


前回は新たに手に入れた「Fujinon XF18-55 F2.8-4R LM OIS」のテストがてら「秋探し」をしてきたわけですが・・・

昨日も「お天気が良くて」さっそく秋探しに行ってきました。

若い写真家さんはこれを「お写んぽ」と呼ぶそうです(・∀・)


場所は「奥河内」と呼ばれる地域。滝畑です。

ここは山に囲まれ、和歌山のかつらぎ町と「蔵王峠」を挟んで北に位置する山間の町です。

平家の落人伝説もある古い町なのですが、ここにはいま「滝畑ダム」という近畿最大級のダム湖があります。昭和47年に建設が始まり村の約半数80件ほどが、そして学校・元の墓地などがこの湖の底に眠っているのです。高台に移住した方、引っ越しされた方色々おられたようですが、もともと「落人伝説」のせいか、目立つことを嫌う気風があったと聞きました。現実に私の家の近所にも「間違いのない平家の子孫の方々」が実在しますのであながちただの伝説でもなさそうです・・・

⇧こたろう大学での専門はこういうことですので。。。


なぜ、こういう話をしたかと言いますと「秋晴れに映える木々の鮮やかさ」と対照的な歴史が、若い方の知らない満面と水をたたえたこの湖にあるのです。それを知っているのと知らないのでは、同じ写真でも見え方が変わるのかもって思ったんですが・・・(笑) 今回は「人々の住」を感じるものは画面に入れておりませんが・・・

DSCF0399-s.jpg


てすと2-s


DSCF0397-s.jpg


DSCF0431-s2.jpg

Fujifilm X-E1(フィルムシュミレーション「ベルビア」)

Fujinon XF18-55 F2.8-4 R LM OIS(F4.0-11)

ISO200


今回は、カメラ側でフィルムシュミレーション「ベルビア」まったく加工無し撮って出しです。

間違いなく「かつてのベルビアの発色」ですわ(笑)

  1. 2019/11/24(日) 14:25:27|
  2. 機材など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

テストを兼ねて秋探し(・∀・)

みなさんこんにちは!

こたろうですm(__)m


先日より中華な格安レンズは星撮りに使えるのか?

ってやってますが・・・・

結論は「使えないこともない・・・(-_-)」って感じですね。。。。

nabeさんも先日「KAMLAN8mm」のレポートを記事にされていました。

私はKAMLAN50mmF1.1を所有していますが、星用には・・周辺の甘さや青ハロ・・・・

これは、8mmでも同じ傾向のようです・・。゚(゚´Д`゚)゚。


さて、私悩みましたよ・・・(-_-)

普段使いも考えるとAFも欲しかったりする(ももが撮れません(笑))四隅が辛抱たまらんわけです・・・

前にもお話した通り「フジのキットレンズは使える!」って噂はどうも本当らしく・・

私は「格安品」を求めてネットを徘徊するわけです・・・(〃∀〃)

普段使いに使えて、かつ星撮りも満足するレベル・・・それは結構難しかったりするのですが、なんとか二本に絞りました。

XF18-55F2.8-F4 LM OISXC16-50F3.5-5.6 OISです。

前者はE・Tクラスのキットレンズ。後者はM・Aクラスのキットレンズです。評判をリサーチするとどっちも写りは差が無いとの事・・(さすがキットレンズと呼ばずセットレンズと呼ぶフジです。)

フルサイズ換算24mmからか、28mmからか・・・F2.8を取るか妥協するか・・・(-_-)

レンズ側に絞りのリングがあるかないか。。。そして金属鏡胴かEP鏡胴か・・・・

4時間迷った挙句・・・・

S__15114280.jpg

「じゃーんヽ(´ー`)ノ」

XFにしました(笑)

金属製なのと、昔カメラマンだった拘りでどうしても絞りはレンズ側に欲しい・・・(-_-)

(A-1ではボディー側での制御になるようです。)

普段使い用のE-1にはごらんのとおりダイヤルが付いていますから、フィルム時代人の私からすれば

「とっても扱いやすい!」

わけですよ。

ちなみに「ストラップ」は相変わらずこだわりの「自作品」(笑)


で、今日は良いお天気で、明日以降崩れそうな予報ですからご近所に撮影に行きました。。。

以降「こたろうの秋色探し」連続で写真を貼り付けますね(・∀・)b

まずは順光シリーズ・・・

DSCF0375.jpg

近所のお寺の喫茶店(・∀・)

DSCF0367.jpg

の、壁のつた・・・・

DSCF0368.jpg

の、五重塔(〃∀〃)

DSCF0354.jpg

からの、「縁結びのお堂」( ゚∀゚)・;'.、

DSCF0384.jpg

門前の食堂🤤


28mmでF8.0あたり街並みのスナップは楽しいですね!

まあ、この辺は愛機GRDⅡでいつもこなしているのですが、もともとフィルムメーカーだった、富士のカメラにはフィルムシュミレーションなるものが搭載されています!

これはかつてフジフィルムが販売していた各メジャーフィルムの色特性をデジタルで再現したもので、フジのフィルムを使っていた私からすれば「どんな色が出るか!」がとても分かりやすくていいのですヽ(´ー`)ノ

テストですから本来は「プロビア(スタンダード)」が良いのでしょうが、お天気よくそれなりの紅葉と光でしたから「ベルビア(ビビット)」で撮影をしてきました。

では、逆光シリーズ・・・

DSCF0322.jpg

ススキヽ(´ー`)ノ

DSCF0381.jpg

そして、ススキ・・・

DSCF0319.jpg

さらに。。。。ススキ・・(-_-)

DSCF0350.jpg

桜もみじ(〃∀〃)

DSCF0363.jpg

ハゼに似てるけど違う気がする・・・


流石に「格安レンズとな違う!」って印象です(笑)

これなら星にも行けそうですね。。。。

ちなみに28mmでのスナップが楽しくて・・・(〃∀〃)

そうGRDⅡ持ってなかったら、これの単レンズポチってたかも・・(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル

「危ない・・危ない・・・(-_-)」


最後に山中の施設で見つけた「メタセコイアの並木」

DSCF0326.jpg


うーんヽ(´ー`)ノ

車で10分ほどウロウロしたけど、秋を堪能した午後なのでした。

  1. 2019/11/21(木) 16:12:00|
  2. 機材など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

休憩話題 モニターフードをつけようヽ(´ー`)ノ

みなさんこんにちはヽ(´ー`)ノ

こたろうです。

「父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記」の最中ですが、今日少し工作したので記事にしますね!

実はうちの「荒ぶる猫姫」(笑)にモニターフードを破壊されました・・・(;Д;)

で、修理をしたわけです。

「そういえばこれは記事にしていなかったなぁ・・」

ということです(笑)


私はメインのPCに27インチのMITSUBISIと23インチのEIZOを。処理用PCに17インチスクエアのMITSUBISIとEIZO(メインと兼用切り替え)で使用しています。17インチ以外は自作のモニターフードを付けています。

本当は部屋の照明を5000Kの色評価用に変えるのが理想なんですが、誰しもができることではありませんし、鏡筒のフードより制作が容易で、見栄えも良くなるので・・・(笑)

天井方向と横方向からの光をカットしようというものです。


まず材料ですが・・・

DAISOのカラーボード黒450×840×5を使います。110円ヽ(´ー`)ノ

部品はそれぞれのモニターから寸法取りを行います。

部品図

合計6個の部品を切り出します。カッターナイフで簡単に切れます。

次にこのように組み立てます。

組み立てはパーマセルテープを使いましたヽ(´ー`)ノ

取り付け図

前からの図ですと天板・側板・ストッパーの三つが見えます。

要はモニターの上部に引っ掛けてあるだけです。そのままですと、天板の重みで前に「お辞儀」をしてきますからストッパーでベゼル左右で留まっているわけです。

寸法さえ取れれば、30分もかからない工作ですが、非常に効果があって、モニターが見やすくなります。私も次回作成するときはEIZO用は天板に窓を開けて、キャリブレーターがそのまま使用できるようにしようと思っています。純正は高いですが、これなら110円+テープ代のみ!

見た目も良くなって、より「画像処理してる感」がアップするのではないでしょうか(笑)

追伸:最後に「柑橘系の何か」をふりかけます・・・そう!猫はその匂いが嫌いらしいのです(・∀・)b

  1. 2019/11/07(木) 12:33:55|
  2. 機材など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

父ちゃん悪あがきする(* ̄- ̄)ふ~ん

あ~いヽ(´ー`)ノ

あっついですね・・グリスが溶けそうなGPデス(-_-)


さて、前回の記事で七工匠・KAMURANともに星には撃沈を食らった父ちゃん・・(笑)

その後ですが、悪あがきを続けます。

そもそも父ちゃんがFujiのカメラを手に入れた理由は「操作性がフィルムカメラに近い」ってのも大きなポイントだったわけです(・∀・)b

なので、AFレンズに拘っているわけではありません。この前カメラ系のユーチューバーさんで言ってました。「アンドロイドのような人間味を感じないレンズ・・・」って。

こと星に関してだけはこの「人間味のない」ほうが良いわけですが・・(-_-)


じゃあ、オールドレンズなら使えるかっていうと・・・利点は以下の通り(・∀・)b

1 もともとフルサイズ用なのでASPは周辺部を切り落とせる

2 同じ理由で周辺光量低下も幾分緩和される。

で、マイナスポイントは?

1 絞りが円形多枚数のものはない(一部レンジファインダー用はのぞく)

2 コーティングや設計が古いので、ハロが出るかも・・・・

と、一長一短なんですが・・・

父ちゃん、今までも古いレンズで色々撮ってきましたが・・・

ニッコールは青ハロきついイメージ。

SMCタクマーはジャスピンで赤ハロが出るイメージ・・・

古いSIGMAの105mmマクロも青ハロがひどかったですね・・・・

じゃあ、あとは?っていうと・・・・

ああ・・・・ロッコールがあるなあ・・・・今は無きミノルタのレンズ群ですね(;Д;)b

色々調べると使えそうなものもあるようです。特にMD・NewMDの前の型によさそうなものが多そうです。⇦あくまでネット情報デス(-_-)


「ロッコールかあ・・・・・・・」

「うん?? まてよ・・・たしか・・どっかで見た気がするなぁ・・」

「あっ!!」


そう独り言をつぶやいて父ちゃんは出ていきました・・・(-_-)


ありゃ・・またどっか行きましたよ。。。」


そう思っていたらすぐ帰ってきました(# ゚Д゚)

手にはいつもの「ジャンク屋さん」のビニール袋・・・・


「あった!」

S__8921093.jpg


こ・これは・・・・minolta XEじゃないですか・・・( ゚∀゚)・;'.、

かつてこのカメラが新品で売られてた頃・・・各メーカーにはフラッグシップと呼ばれる1桁ナンバーのカメラが存在しその下位グレードとして「電子シャッター搭載の高級機」があったんです。

CanonならF-1の下のEF。NikonならF2の下のEL。そしてminoltaのX-1の下のこれ(・∀・)

ジャンク1000円だったらしいですが、実は電池入れたら動きましたヽ(´ー`)ノ

父ちゃんは磨いて飾り物にするのだそうです(´゚д゚`)

で、当然父ちゃんのお目当てはこれではありません! じつはこれにはレンズが付いてたんです。

S__8921102.jpgS__8921101.jpgS__8921103.jpg


そう!50mmのF1.7(・∀・)b

しかもカビも痛みもないピカピカ状態ヽ(´ー`)ノ

さっそく父ちゃんはSR-FXアダプターを手に入れて・・・・

S__9445380.jpg

引っ付ける( *゚∀゚)=3

F.jpg

で、撮る(・∀・)b

開放での様子です。

いい感じですね!少し絞っても「ウニが出る6枚絞り羽根」ですから、おいしそうな絞り値をみつけてフロントに円形絞りでも入れましょうヽ(´ー`)ノ

ちなみにマウントアダプターって中ががらんどうじゃないですか!

ここに適度なステップダウンなりアップなりのリングを固定しておけば、少し不自由だけど、ソフトンとかIR系のフィルターとかなんでも噛ませられますね(・∀・)

近いうちに父ちゃん、そんな加工もすると思いますヽ(´ー`)ノ


で、そろってから「昼晴れて夜曇る日」が続いているので、まだ星は撮っていませんが、近いうちにテストすると思うので結果を楽しみ?にお待ちくださいね!


それではみなさん。まったね~ぇヽ(´ー`)ノ

  1. 2019/08/10(土) 15:14:03|
  2. 機材など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

父ちゃん銭失い・・(-_-)

あーいヽ(´ー`)ノ

台風さんがきますよ・・新月期に・・GPデス(;Д;)


さて、本日はなかなか出撃できない父ちゃんがカメラレンズのテストをしたので報告です(・∀・)b

結論から言えば「安物買いの・・・」になったわけです(-_-)


まず、カメラです。

父ちゃんフジのX-A1を買った話は以前にお話ししました。

それなりに赤も写るし、カラーバランスも崩れないし、安いし高感度・長時間ノイズもすごい少ないんですよねヽ(゚∀゚)ノ

ただ、普段使いの時困ることが2点ありました。

1 スマホ持ちはブレる・・(モニターを見ながらだと脇が閉めれずブレやすい)

2 モニターが見えん・・(この日差しがモニターに当たると見えないんです・・)

どっちかと言えば直焦点な父ちゃん・・この普段使いの不便さがたまりません・・・

昔から1世代のフジの出す色やトーンが好みだった父ちゃんはファインダー付きのカメラをまたもや物色し始めたんです。当然第一世代でウボンビーなのでオクとかを眺めています・・(-_-)

で、買ったんですよね・・・これ・・・

S__8249349.jpg

なぜかX-E1(笑)

S__8249352.jpg

made in Japanでありますヽ(´ー`)ノ



さて、でなんで同じようなカメラなのにA1を温存してE1を追加

って思う方も多いので、買い替えじゃなくて追加にした理由をお話しますね(・∀・)b

1 そもそもA1のほうが新しく各ノイズ特性が優れている気がした・・・

2 X-tranceセンサーと一般的なベイヤー配列CMOSとの差。(良いも悪いも)

で、ダークを撮り比べたら・・・

どっちもISO3200ですと真っ黒です( ゚∀゚)・;'.、

ですが、レベルのハイライト側を鬼のように(50)まで切るとE1のほうには色むらのようなノイズが出てきました。A1は真っ黒・・・(・∀・)

ことノイズに関してはA1に軍配が上がるようです。

まあ、どちらもそこまで切り詰めてですから、実用範囲と踏んだ父ちゃん。

次に手持ちのレンズ(Xマウント)格安中華製の星特性を見てみます。

まず、こちら(・∀・)

S__7536657.jpg

七工匠の25mmF1.8です。

良くわかりませんがHD.MCと書いてますし、今どきのレンズなんで・・・・

そしたら。。。。

7工匠F3

ISO3200 F3 10秒

(-_-)

あきません・・・周辺の星に髭出てますやん・・(´;ω;`)

5.6くらいに絞れば何とかなるかもですが、モニターで確認して父ちゃんはやる気が失せました・・

考えれば新品9000円・・・こんなもんです(笑)


2日後・・・

次はKAMURAN50mmF1.1です。

こちらは新品価格23000ほど・・・

三倍近い値段ですから・・・・(-_-)b

ただ、開放は絶対ダメなのはわかっています・・F1.1ですからね・・・なので最初からF4.0で・・・

KAMURAF4.jpg

ISO3200 F4.0 10秒

あ・あかんし・・・(-_-)

trancewarp状態・・・(笑)

これならまだ七工匠のほうがましです・・・ただしこちらは最近Ⅱ型が出ています。(・∀・)b

「おかぺり」「サドル」の赤いのは写ってますね。なにげに両者の色の違いも出ています

そしてどちらも絞ってもウニはでません。そのあたりはさすが「円形絞り」って感じです。

と、いうことで「格安中華レンズ」父ちゃんの2本は「ももちゃん専用レンズ」決定です(笑)

これ、解放近くだとどちらも柔らかいきれいなボケ味の良い描写なんですが。。。

こと星に関しては全くダメです。。。。

皆さんもお気を付けください。


さて、父ちゃん的まとめといきます。

お大臣クラス・・・星のみであればSIGMAArtシリーズがおススメ(・∀・)b

一般ぴーぽー・・・せめてフジ純正単焦点レンズ

うぼんびー・・・・フジ純正キットレンズ

父ちゃんレベル・・その予算もないなら、ハロが出にくいフィルム時代のレンズ(すべてフルサイズイメージサークル)をつかってAPS-Cですから中央部のみ使う・・・・(-_-)


と、持ってはいませんが周囲の方の作例を見てそう思います。

以前使ったCanon EF-S18-55のキットレンズのほうがはるかに優秀(・∀・)b

フジのそれはキット商品とは思えないほどさらに優秀(・∀・)b


さて。。。父ちゃんはどうするか・・・

ぼくはアダプターでオールドレンズだと思うなあ・・・(*゚ー゚)



  1. 2019/08/05(月) 13:27:09|
  2. 機材など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
次のページ

プロフィール

こたろう

Author:こたろう
迷人会のこたろうです!

訪問者様

Windy

お天気!!

天体写真ブログ村

ポチっとお願いしたします。

Dragon radar!

大爆笑!天文ブログ

おもしろ検索サイト

こちらもどうぞ!

天文リフレクションズ

迷人会工房

お取り扱いはこちらm(__)m

大阪あすとろぐらふぃ~迷人会

LINEスタンプ

天文あるあるスタンプ。

お取り扱いはこちら。

UNIQLO UTme!

オリジナルウェア!

お取り扱いはこちら。

迷人会工房Blog

工房のブログへはこちらから!

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

カテゴリ

父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記 (154)
機材など (88)
父ちゃん語る (12)
天体写真など (29)
あすとろぐらふぃ~迷人会 (34)
画像処理みたいなん (3)
父ちゃんのカメラ講座 (3)
こたろうデザインgoods (2)
ツール (1)
その他 (26)
未分類 (11)
ももとじいじのお部屋 (9)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック