FC2ブログ

こたろうさんのブログ

父ちゃんとGP2の奮闘記 evolution series3









八塔寺星まつり近づく(・∀・)

みなさんこんにちはヽ(´ー`)ノ

こたろうです。


来る8月24日(土)

岡山県備前市にある八塔寺にて、毎年恒例の

「八塔寺星まつり」

が開催されます。

主催 八塔寺星を観る会


我々としては道端小石さんが理事を務めていることもあり、協力させていただいています。


1c87f4c7-s.jpg


5fb509f0-s.jpg


この中で特に私たちが協力できるものとして、

「いいね!写真展」があります。

これは、ご来場者様が各々部門(星景・天体)ジャンルで一番気に入った作品にシールを貼っていただき、その数によって優勝等を決めてもらいます。

現在募集中ですが、まだ締め切りまで時間がありますので、ここは「腕試し!」応募なさってはいかがでしょうかヽ(´ー`)ノ


特筆は審査者さんが「一般の方々」って点です。天体写真の専門家ではなく、お年寄りからお子さんまでの来場者さん&webで投票形式です。

私もこのコンテストが始まった数年前から、出していますが・・・

はっきり言いまして、天文誌のコンテストとは「まったく評価が違います。」

つまり一般の方々が「これが天体写真!」と思うものに投票が集まるのです(・∀・)b


第一回の時は応募数も少なく、私とおりおん提督がそれぞれの部門で優勝いただきましたが、それ以降は応募数も増え、私も提督も「全くの惨敗続き(笑)」正直な感想は「ベテランも初心者さんも関係なく入選の可能性あり!」なコンテストなんですよ(・∀・)b


私のブログを見てくださる方は多くの方が初心者さんですので、ぜひ一度「腕試し!」されたらいいなあヽ(´ー`)ノっと思い記事を書かせていただきました。

天文誌はハードル高くても「そこでの評価はそれを良く知る者の評価」こちらは「一般の方々の評価」

全く違いますからね。

ぜひぜひ参加してみてくださいませ(・∀・)b


詳しい応募要項・用紙のダウンロードは「八塔寺星を観る会HP」にて・・・ 

八塔寺星まつりPV
  1. 2019/07/25(木) 13:13:32|
  2. 父ちゃん語る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

T氏ブログ記事に対するこたろうの考え。

みなさんこんにちは。

こたろうです。

今日は少しまじめな記事です。多少長くなりますので、文字ばかりは「いやだ!」って方はスルーをお願いします。

とある場所でブログを開設していたT氏ですが、その記事やコメントのやり取りで炎上騒ぎがありました。かなりの注目記事でしたので、おそらく皆さんは「あーあのことか。」とお気づきの方も多いと思います。

先に少しお話をしますね。現在私のところには毎日いろいろな場所の「星屋さん」から質問や問い合わせが数件あります。私は自分のわかる範囲、または調べてご説明ができる範囲でお答えをさせていただいています。初心者さんが多く私もいい加減な返事はできませんので、質問の内容・自分の回答はコピーなりスクリーンショットを保存して見直し、解釈を間違えるかもしれなかったり、自分自身の返事に間違いがなかったかを絶えず確認しています。

なので、全文スクリーンショットで説明すると早いのですが、私が言いたいのは一部の事に関してだけですし、当のT氏のブログは今朝全文消去されましたのですべて伏字でお話します。


消去前の一個前記事に「Yさん」なる方からコメントがあり、また次の記事で「A氏」という方からコメントがありました。まあよくある炎上ネタですね。

T氏はこのコメントを「別でブログをやっている人の別名」と判断し「書き逃げ行為」と発言されました。ここから炎上していくわけです。

とあるランキングであり得ないほどの急上昇を遂げましたので、私も「また炎上しとるなあ」と静観しておりました。私も何か言うべきか?と思っていた矢先、最近知り合った初心者さんから「これってこたろうさんの事言ってませんか」と連絡をもらい件のブログを確認しますと、前述の「A氏」に対しT氏は「正体ばればれ。」「あなたの風貌はお坊さんにしか見えないですね。」とありました。

静観するつもりでした私ですが、この文章に引っ掛かったわけです。

確かにお坊さんにも色々います。どのような風貌がお坊さんなのか?は人それぞれです。


1か月少し前、T氏からメッセージが届き、「質問は受け付けているか?受け付けていないなら不躾であるので無視をしてください。」と但し書き付きで質問が寄せられました。T氏はベテランさんに教えて欲しい旨を打電すると「拒否された」とよく言っておられましたが、私はベテランではありませんし、初心者と名乗る方がわざわざ質問してきたわけですから、数千字にわたる文章を数時間かけて作文し、初心者さんでも誤解がないかを見直して、送信しました。すぐにお礼のメッセージを受け取りました。

内容は「ガイドカメラに星が映らない件」と「そのセンサーはどの向きに設置すればよいか」という内容が主でした。

そう言う経緯があったので、連絡をくれた方のように「まさか私の事ではあるまい。」とは思うものの

「じゃあ、お坊さんって聞いて他の方はどう思うか」って事です。

私は浅学なのでお坊さんと聞くと「頭つるつる」「袈裟を着てる」くらいしか思い当たりません。

この世界T氏が決めつけたどなたかブロガーのなりすましだという前提で考えると、その容貌で「それに該当しそうな人物」は失礼ながら私を含め数人しか思い当たりませんでした。

なにも知らないでこれらの流れを見守っていた方々の中には「私を思い出した方も少なからずいるのではないか?」質問のやり取りのいきさつから当のT氏自体はは私の事を言っていなくても、見た方がそう思うとA氏でもY氏でもない私とすれば迷惑な話です。

事ここに至り私はT氏の該当ブログにコメントを入れたわけです。

内容は「勘違いする方がおられそうなので、私ではありませんよ。」っということと「たとえ伏字でも特定の人物を想像させるような書き方は止めたほうが良いです」という内容でした。

(こたろうのこの記事も伏字だろ!ってのは最後に書きます。)

3時過ぎの事でした。

夜コメントの返事ではなくメッセージで「コメントは承認せずこちらで失礼します」とT氏からメッセージがありましたが私が言いたい内容には一切触れず「暖かいアドバイス感謝します」との事。

それでは「私の嫌疑が晴れませんのでコメントを公開してください。」と返事を打ちましたが、その後私より後に入ったE氏のコメントのみ承認し、返事をした後全文消去となったわけです。

T氏はA氏やY氏に対し書き逃げといいましたが、私はただコメントを公開し、「こたろうではありませんよ」とい言いたいだけだったんですが、T氏のこの行為はその「書き逃げ」と大して変わらない気がします。非常に残念ですが、私もスッキリしませんので、T氏には自身の汚名返上の為やむなくやり取り(スクリーンショットや関係者さんのHN等)を公開した上で「私ではないです」と自分の記事で言います。(先方のブログが全文消去されたので言いようもなく、やむを得ずスクリーンショットを使うと)とメッセージを送りました。

長々書きましたが、私の言いたいのは

「T氏が発言したなりすましのコメント主、お坊さんにしか見えない人物は私ではありません。」


(ですので本来全文公開のつもりでしたが言いたいことがこれなので伏字にしたわけです)


あとこれは私感ですが、最後のE氏は心機一転やり直しましょうとコメントを入れており、それに対しT氏は返事で「E氏にショートメールを送った」とあります。新しい記事には全文消去は「E氏のアドバイスで・・」とあります。E氏は私がコメント公開を求めていたことをご存知でしたので「E氏がそれをアドバイスした」とは到底考えられません。


仕事の関係で天文離脱をする旨の記事に90を超える拍手がありました。

大変残念なことです。私の想像ですが「A氏やY氏と同じ意見だが厄介は嫌なので意思表示に拍手をポチ!」って事だと思います。

「それはいかんやろって思うならはっきり言ってあげるべきではないのかな」って思います。

A氏にしろY氏にしろブログを持たない天文屋さんが意見したと信じたいですが、そうでないなら主HNでコメントすべきだと私の勝手な意見ですがそう思います。


今回大変残念な終わり方になったようですが、私も含め全国の星屋さんが趣味を楽しみ仲間との交流を深め、人生が豊かだと感じていただけるよう活発で前向きに取り組んでいかれますよう。またそうした環境を作っていくのも私たちにかかっていると思います。





6/6 追記 Lambda 様よりコメントをいただきました。 拍手の件に関しましては、確かにT氏を応援という意味合いで「拍手」された方もいらっしゃる。 まったくもってご指摘の通りです。 決めつけるよな記事はいけませんね。配慮不足でした。ここに追記しお詫び申し上げますm(__)m
  1. 2019/06/05(水) 11:54:28|
  2. 父ちゃん語る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

ブログバックアップと引っ越しのお知らせヽ(´ー`)ノ

あ~いヽ(´ー`)ノ
皆様のあいどる! GPドス。
これがぼくがYahoo!ブログに投稿する最後の記事になりますよ(´;ω;`)
思い起こせば2014年「衝撃のでぶー」ヽ(´ー`)ノ
「しゃべる赤道儀」として皆さんにかわいがっていただきました。
もう少し待っても良かったんですが、なにやらYahoo!さん「ポチ!」すると「エラー」の出る頻度が上がってるような・・・β版移行サービスの時もそうでしたが、ブログ移行サービスも不安ですやん!

と、その前に「ブログの保存」バックアップについて書いておきます(・∀・)b
皆さんは「コメント」が・・・とおっしゃっている方が多いようです。
残念ながらコメントが移行できないのはYahoo!側の問題らしいので「Yahoo!ブログ終了Q&A」にも
移行できないサービスとして「コメント・トラックバック」が明記されています。
なので、ブログそのものをHDDにまるごとバックアップしてみたので、それをご紹介しますね。

UTOさんが紹介しておられた
https://matchansk.sakura.ne.jp/HomepageCloneMaker/
こちらです。
ほぼデフォルトで使えますが、ブログの宛先の最後に「/」を入れるのを忘れないでくださいね(・∀・)
たいへんなことになります(笑)
ぼくのとこだと、https://blog.yahoo.co.jp/kotarouseed33/
この最後のスラッシュを忘れないでください。

時間は結構かかります。が画面で何か動いているので気長に待ってねヽ(´ー`)ノ
ぼくんちのPC環境で4時間ほどかかりました。
かんりょーって出てきますからそれまでは気長に(・∀・)b

で、終わったら保存先に「ホームページクローン」なるファイルが生成できているはずですから、これを開くと
「スタートページ1」ってのをポチします!
この時インターネットは切断しておいたほうがいいです。
なんせそっくりそのまま保存されるので、バックアップを見ているのか、ふつうにYahoo!ブログを見ているのかわからなくなります(笑)



これが保存されたバックアップです。ログインしているにもかかわらず「ゲストさん」すでにユーザーなのに
「Yahoo!ブログを始める」となっているでしょ!
この中では普通にブログ同様、記事に飛んだり、コメント見たりできます。外部へ飛ぶのは無理ですが・・
ぜひご利用してみてはいかがでしょうか?

さて、みなさん!
長い間お世話になりましたm(__)m
一足お先に父ちゃんとぼくは新天地へヽ(´ー`)ノ
また向こうでもよろしくお願いいたします。みなさんが来るの楽しみに待ってますからね!
きっとですよ!!(*´σー`)

「こたろうさんのブログ」引っ越し先URL
https://kotarouseed33.blog.fc2.com/

「迷人会のらくがき帳」引っ越し先URL
https://tamanegioyaji0724.blog.fc2.com/

それでは、みなさん「まったねぇ~ヽ(´ー`)ノ」
  1. 2019/03/08(金) 13:06:26|
  2. 父ちゃん語る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

父ちゃん久々に語る(*'▽')                 ブログをやめてはいけない!

皆さんこんにちは。
こたろうですm(__)m

さて、すでにご存じの通り「Yahoo!ブログ」が今年いっぱいで閉鎖となる旨のアナウンスがでましたね。

私事ですが、ここでたくさんの出会いがあり、学びがあり、喜びもありました。
今ご覧の皆さんとの出会いもこの「Yahoo!ブログ」があったればこそです。

皆さんの記事を拝見しますと、このことに関して「様子見」「引っ越し先」「コメントの保存」「いっそブログ活動休止か?」といろいろなお考えがあると思います。
で、そのことに関して私個人の意見を話したいと思います。

私自身、ブログの開設は2011年ですが、記事を初投稿したのは2014年です。
その時はすでに天体写真を再開しておりました。
現在一緒に活動している「おりおんさん」と知り合って以後のことです。
それまでの間、いろいろな先人の方々の記事を隅々まで読み漁り、メモを取り自分でやってみて、上手くいかないときはまた検索をして・・・の繰り返しでした。
よっちゃんさんの処理関係の動画などは1秒ごとに再生・停止を繰り返し、ノートに書き込みWordで清書し・・・
天体関係の方々のブログはほぼ皆さんのところにお邪魔させていただいたのではないかと思います。

名前をあげればきりがありません。
吉田さんは言うに及ばず、よっちゃんさんの「星の牧場」しょっしーさんのホームページ。
GP赤道儀の自動化・webカメラの改造でお世話になった「電球さん」
活発なコメントの応酬でスクロールしまくった「T-Fixさん」
10万円で入賞する企画の「ほんまかさん」
いろんな専門知識で記事をアップしておられた同じ大阪人の「Orcaさん」

同じリスタート時期の、たじさん・やまぎりさん・さすらいさん・ゴッドハンドさん・BSR-エボリューションさん・Kola29さん・星鳥さん・星空さん・まーちゃるさん。数えていけばきりがありません。。。。

迷人会を立ち上げ、周囲に仲間が増えていくと、逆に自分が質問を受けたり答えたりするようになりました。現場でもハードルが高いことや思うようにいかないこと、機材のこと。。。
自分自身がいろいろ徘徊して集めまくった知識や先人たち、仲間たちの工夫。
そうしたものをもっと初心者目線でブログに書こうと思い出したのも、ブログを書き始めてすぐくらいでした。

以前にお話をしたこともありましたが、私がブログを書く理由は
「へんな擬人化された赤道儀がアホな父ちゃんと頑張る!」
姿を通じて、
「チープな機材でも・・」
「工夫と頑張りでここまでできる。」
そして、
「やってみたいな。。。。」
「こんなカメラ・望遠鏡でもできるんやろうか?」
に私とGPくんのドタバタ劇が
「出来るんや!」
「やってみよう!」
に繋がるようにとの思いからでした。
やってみたいと思った方が「あきらめてしまわないように。」「やめてしまわないように。。。」


そのうちに、調べていた自分の立場が逆になってきました。
現在では。。。







毎日こんな状況です。
極軸に関しては、毎日「こんなに始めたばかりの初心者さんがおるんか?」
「同じ人が毎日見に来てるんやろうか?」って疑問はありますよ。。。
でも、毎日こんななんです。

投稿が流れていく昨今のSNSは過去のものを探し出すのは困難です。
「ああ。。誰かそんなこと書いてたなあ。。。」で終わりです。
ブロガーの中には「自分の備忘録」としてブログを書いていた方も多いとは思います。でも、その「備忘録」も閲覧自由度の高さ故、必ずどなたかが見て参考にされているはずだと私は思います。
趣味系のブログの記事・皆さんのコメントは財産です。
事情でブログ投稿をやめてしまっても、記事を検索閲覧することは可能ですが、
今回のYahoo!ブログサービス終了はそれが「消えてなくなる」のです。

残念ながら移行ツールがしっかりしているFC2でもコメントの移行だけは無理なようです。(Yahoo!側の問題だそうです。)

私や迷人会の仲間は大挙して移動を予定していますが、どうかもし「この機会にブログ活動はやめようかな。」ってお考えの方がおられましたら、お願いですからどこかにその「膨大な知識財産」を移行してください。
しばらく放置されている方もよろしくお願いします。
皆さん個人の自由の場でのことですから、私のお願いは勝手ではあります。
ですが、自分の「勝手で書いた備忘録・くだらない失敗談」が「誰かの役に立っている。」って思っていただきたいのです。
少なくても私にとって「みなさんのブログはそうでした!」
今まで綴ってこられた天文ブロガーの皆さん。時代の流れかもしれない。いい潮時間もしれない。でも、願わくばどうか書き続けてください。やめてはいけない!
紙媒体が振るわない現代、ブログはデジタル検索できる図書館のようなものです。
頃合いをみて「迷人会の落書帖」「こたろうさんのブログ」も引っ越しはするでしょうが、しばらくはYahoo!で書き続けますので。

皆さんの足跡が散逸しないよう願うばかりです。

それでは。
  1. 2019/03/04(月) 14:42:38|
  2. 父ちゃん語る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

GP2の父ちゃん今昔物語(*‘ω‘ *)

あ~いヽ(´ー`)ノ
いよいよ梅雨入りですか?GPデス(・∀・)

さて、みなさんご存知のぼくの父ちゃん。。。岸和田市に住んでるんですが。。
大阪府岸和田市は北を大阪湾に、南を和歌山との県境に接する南北に長い泉州地域と呼ばれる大阪南部の古い街です。
かつては海がもっと内陸で、その海側の「岸」と呼ばれた場所に楠一族の「和田」さんがお城を築き「岸の和田さん」で岸和田と呼ばれるようになりました。

その和歌山県境側「和泉葛城山」の手前、「岸和田のへそ」と呼ばれるお山のふもとの町で父ちゃんは生まれたんです。

ちいちゃい頃の父ちゃんは、人と接するのが苦手でいつも「図鑑」を片手に近所の野山で生き物を観察しては照らし合わせ、片っ端から調べる一風変わった子供でした。
当時は今近所を走る高速道路やサービスエリアもなく、夜には天の川も見え、多種多様な生き物や自然環境がありました。
ただ、友達との付き合いが苦手な事を心配した小5時代の担任のS先生が、ことあるごとに気にしてくれて、父ちゃんは変わったんです。
放課後、土日、夏休み。父ちゃんは家にいない子になりました。

中学校に入学した父ちゃんは大阪府でも有名だった「科学部」に入部したんです。
この学校は山間部の3つの小学校区が集まってきます。
そんな中、同じ科学部に入部した同級生の中に「小脇に図鑑を抱え廊下を歩く」少年が居ました。上品・色白・端正な顔立ちのこの少年こそ「父ちゃんのライバル」であり今、一緒に迷人会で活動する後の「みっさん」です。

夏休みそのクラブ活動の一環で「和歌山県生石高原キャンプ」に出かけた父ちゃんとみっさんはそこで「降るような天の川」を見ます。
ここに父ちゃん達の原風景があります。
生物の父ちゃんに物理のみっさん。当時科学部内でもそういわれた二人でした。

そんな父ちゃん達も坊主頭から卒業し高校生になると、お互い疎遠になりました。

この二人が再会するのは大学生になってから。。。。
ラジオの「ヤングタウン」「オールナイトニッポン」を聞きながら、深夜の田舎道をボウリング・ビリヤード・ファミレス廻り・・・みっさんの「赤のファミリアXG」で走り回ります。

そして、公私にわたりこの二人は齢半世紀も過ぎました。
迷人会創設は以前からもお話ししていた通りです。


さて、昨日ふと思い立った父ちゃん。夜に三脚とコンデジ持って出かけます。
行き先は、歩いて三分近所の溝です(笑)
この溝、共同墓地の井戸から発する小さな小川で、道路の横を幅20cm深さ20cm、水深も1cmと、まさにただの溝です。
小さい頃の父ちゃんはここで「巻貝」「さわがに」「ヤゴ」「蛍」を観察していました。
当時の近所では「源氏ボタル」なんてのはもっと山間部の大きな川にいかないと住んでいません。まだ今のように「蛍公園」「蛍観賞会」なんてイベントもなく「蛍」を保護しようなんて動きもない時代でした。
父ちゃんも田圃のあぜ道に住む小さな「平家ボタル」しか見た事がありませんでした。どこにでもいたこの蛍ですが、ゲンジボタルは大きくて見ごたえがあり、光も強いので河川の清浄化の指標として保護が進み、今では結構見られるようになりました。でも、どこにでもいた、この小さな蛍は消えていったんです。
たぶん、いま源氏は見れても平家を探すのは難しいのではないでしょうか?

あれから40年。。。。町も変わりあの小さな弱弱しい蛍はどうなったんでしょう?



近づいてみますと「うん????」なんか光ってます(・∀・)



源氏と違ってあんまり飛ばないし、光も小さい。体もチッコい。。。。
でも、まだ町の小さい溝に住んでましたよ。
誰も気にしない、誰も見に来ない「父ちゃんの町の蛍」です。

父ちゃんを「待ってたよ」って事なんでしょうか?
あの時の少年は50越えのジジイになって帰ってきました。
とは言っても、ずっとここに住んでたんですがね・・・

父ちゃんはカメラをセットして、ずっと蛍を眺めます。
条件にもよりますが、あんまり飛ばないし、飛んでも実は早く飛ぶし、光も弱いから写らないんです。こんな風に溝のそばの草藪の中を歩き回るだけ。
それでも、父ちゃんはずっと眺めていました。
と。。。。。



飛んだヽ(´ー`)ノ

飛んでくれました。風が無かったことも幸いしましたね。(・∀・)b

どこにでも居た。当たり前に居た。だからと言って今も居るとは限りません。
これって、人も街の景色も同じ。
流行り物はその時大切にされるけど、ふと懐かしくなって、会いに行く、探すとどこにも居なくて、どこにもなくて・・・・
人もそうだと思います。
当たり前は実は当たり前ではないのですね。それは「有難い」事なのだろうと思います。自分の都合で「有難い」事に気付かない。。。人間は勝手です。

そんな事を思いながらいつまでも蛍を道に座り込んで眺める父ちゃんなのでした。

RICOH GRD2 ISO400 8秒 比較明合成
  1. 2018/05/29(火) 11:25:42|
  2. 父ちゃん語る
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18
次のページ

プロフィール

こたろう

Author:こたろう
迷人会のこたろうです!

訪問者様

Windy

お天気!!

天体写真ブログ村

ポチっとお願いしたします。

Dragon radar!

大爆笑!天文ブログ

おもしろ検索サイト

こちらもどうぞ!

天文リフレクションズ

迷人会工房

お取り扱いはこちらm(__)m

大阪あすとろぐらふぃ~迷人会

LINEスタンプ

天文あるあるスタンプ。

お取り扱いはこちら。

UNIQLO UTme!

オリジナルウェア!

お取り扱いはこちら。

迷人会工房Blog

工房のブログへはこちらから!

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

カテゴリ

父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記 (154)
機材など (88)
父ちゃん語る (12)
天体写真など (29)
あすとろぐらふぃ~迷人会 (34)
画像処理みたいなん (3)
父ちゃんのカメラ講座 (3)
こたろうデザインgoods (2)
ツール (1)
その他 (26)
未分類 (9)
ももとじいじのお部屋 (9)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック