FC2ブログ

こたろうさんのブログ

父ちゃんとGP2の奮闘記 evolution series3









父ちゃんのカメラ講座 その3 一眼レフ???

あ~いヽ(´ー`)ノ
こたろうデス(。-`ω-)b

さて、先日「天体写真からデジイチを使い始めた」弟子と話してた私・・・
ある衝撃の事実を知ります・・((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

それは「ファインダーをのぞいたことがない…(-_-)」という事です。

「いや、普通の写真の時はのぞくでしょ・・・
「のぞかないよ!ライブビューあるもんヽ(´ー`)ノ」
「いあや・・ならミラーレスでいいのでは
「だって、持ちやすいもんヾ(*´∀`*)ノ」
「・・・・」

こ・これは驚きでした・・・

弟子が言うには「おそらくkissあたりを持つママさん層はのぞかない!」
って言うんですよ・・・(-_-)

で、ミラーがあることも知らない訳デス・・┐(´д`)┌

なので、もう一度「一眼レフ」に関してお話をしましょうか・・・

皆さんがお使いのデジイチと呼ばれるカメラは正式には
「フォーカルプレーンシャッター内蔵ペンタゴナルミラーファインダー式一眼レフレックスデジタルカメラ」
となります。

以前にカメラはその都度開発された「便利機能の積み重ね」で出来上がった
歴史があるとご説明しました。
では、その特徴は? と言いますと・・

1 撮影用レンズは1本でそれ以外にレンズらしいものは無い。
 (かつて2眼というカメラもありました。)
2 マウント内部にミラーがある
 (当然ミラーレスには無いですし、有名なライカMなどにもありません。)
3 出っ張った「頭」があって、なかにはペンタゴナルダハプリズム(又はミラー)
 が入っている。
4 センサーの前に「フォーカルプレーンシャッター」(隙間シャッター)がある。
 (レンズシャッターなど種類がある。)
5 モータドライブ内蔵である。
 (シャッターチャージを手動ではなく自動でする事。昔は別パーツだった。)
6 AF(オートフォーカス)である。
 (ピントが自動で合いますね。)

とまあこんな感じでしょうか

では最大の特徴である「レフ」についてご説明します。


これはカメラ内部の様子です。
赤線は光路です。ご存知の方もおられるでしょうが、センサーに当たる映像は裏側から見て上下が逆です。表面からだと上下左右すべて逆像です。
光はレンズを通り、ミラーで90度上に曲げられます。その上に光を拡散させて画像を結ぶ「フォーカシングスクリーン」というスリガラス状のパーツがあります。
ここに映像として写された画像は、上にあるペンタゴナルダハプリズムで図のように曲げられ上下左右が「正像」になり、ファインダーから覗ける訳デス。
ちなみに「世界初のペンタプリズム内蔵ファインダーを搭載」したのが
「旭光学」でして、これ以降この会社のカメラは
「アサヒペンタックス」
と呼ばれるようになります。

また、CMOSセンサーの直前にはシャッターユニットがあり、普段はこれによりセンサーは遮光されています。

では、シャッターを切った瞬間はと言いますと・・・


シャッターを切ると同時にミラーが跳ね上がり、シャッターが開いてセンサーに光が当たるようになります。これが「露光」ですよね!
天体写真においては、この状態のまま10分とか放置になる訳デス。(バルブ露光)

さて、では「フォーカルプレーンシャッター」とはどういうものかと言いますと・・
これは「隙間シャッター」と呼ばれます。

今はセンサーに対し横に走るシャッターは無いとは思います。
上下に走る2枚の膜があって、普段はこれがピッタリ合わさって遮光しています。
シャッターを切ると同時に先の膜が上から下へ開きます。
その後、後の膜が追いかけて閉じていくのデス。

で、1/4000とか1/8000とかの早いスピードの場合、金属の膜で出来たこれをそんなに早いスピードで走らせることには限界があります。
なので早いスピード時はセンサー上を先膜・後膜の間にできた隙間が走っている形になります。


昔は後付けストロボなどで、画面半分が「真っ黒」なんて失敗写真を撮った経験のある方もおられると思いますが、あれは一瞬で光るストロボ光では走っている最中のシャッター膜が写るからなんですね。
構造上それに追従できる(完全に全開状態)シャッタースピード(シンクロスピードと言いました)の上限がありそれ以下でないと、ストロボは使えなかったんですね。
今のカメラは1/125辺りから遅いスピードなら全開になる瞬間があるはずです。



上の図の通りです。つまり「隙間の間隔が広い」(センサーの縦幅より)ってことなんです。
なので「隙間シャッター」と呼ばれる訳デス。

では、この辺りを天体写真とどう絡めましょうか・・・・

以前私は45EDに対して「迷光防止改造」を行いました。
これは鏡筒内部の微弱な「反射」を無くすものですが、
天体写真ではISO1600以上の高感度で10分もセンサーをむき出し状態にすれば
如何に微弱な星々の光の反射光であっても写りこみ「カブル」・・・
実際にはコントラストの低下(眠い)という現象を起こすと考えたからデス。

45EDという口径45mmの筒では解像度・分解能の関係からこの辺りの
迷光は徹底的に「排除すべき」と考えたわけですね・・・

天体写真をやってみたくて始められた方が増えてくる中、
「フラットが合わない・・・」
昔からよく聞く話デス。
ELパネル・LED・iPad・スカイ・・・ 様々な方法や「色・輝度合わせ」など
皆さん試行錯誤されています。
しかし、ここでよく考えてみて欲しいのデス。

たとえばよくデジイチなどでは「フラットはあまり早いシャッタースピードでは
いけない」などと言われています。
なるほど、隙間が一定のスピードで走っているとは言い切れませんから、
全開状態の方がより安心です。

反射などはお尻がむき出しで「主鏡が見えている」「蓋をしても光が漏れる」
ものが多いですから、すべて「遮光対策」を取らなければいけません。
フード付けてライトフレームなのですから、フラット取得も同じにしないと言われるほど「厳密な」フラット撮影・・・

では、何が言いたいかと言いますと・・・
もう一度この図を見てください。


ミラーが跳ね上がっていますが、ここは別段遮光処理されているわけではありませんので、
「ファインダーから光が入る」のです。
そんな何分もシャッターを暗い所で開ける前提では設計されていないという事です。
まして、上手な方ほど基本に忠実に、みなさんの意見を参考に
「遅めのシャッターを切ってる」わけです。
スカイフラットなどは明るくなってから撮ることが多いデス。
迷光があることも十分考えられます。
当然、フラットだけでなく「本露光」も同様です。

ですから・・
「使わない時はファインダーに蓋をしろ」ってことなんですよね。

屈折ではファインダーは地面方向を向いていることが多いですが、
反射は横や上を向いていることが多いのデス。

背面液晶の光が内部に漏れてセンサーに被ることもあるくらいですから、
ファインダーからの逆入光は見過ごせないと思いますよ。

ベテランの方はともかく、初心者さんの「フラットが・・・」は
案外この辺も原因の一つではないかと思っています。

ちなみにデジイチはファインダー内にも表示があって、光るんですよ・・
各露光終了時に長い時間「パッ」って画像が確認表示されるようになっている方も見受けられますが、あれもできる限り短時間に変更すべきです。

できれば背面液晶にも蓋をすべきです。
これは自分だけではなく周囲に対する配慮です。

最後に一例をあげましょうかね・・
外灯がある現場で反射で写真を撮っていた・・フードは完璧で天頂を向いているのでたぶんカブらない・・でもカメラのファインダーは外灯の方を向いていた・・・

ぜったい・・・迷光します・・(-_-)






  1. 2016/11/30(水) 13:58:55|
  2. 父ちゃんのカメラ講座
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

父ちゃんと父上のドタバタ遠征記ヽ(´ー`)ノ                   すさみ残りボツ編・・(-_-)

あ~いヽ(´ー`)ノ
新月期で、武者震いの止まらんGP2デス(。-`ω-)b

さて、本日は先月の父上(SP赤道儀改ポタ赤)の撮影分ドス(・∀・)

この日は久々にカメラレンズ用の機材を持ち出した父ちゃん・・・
ぼくのセッティングを終えてから、そそくさとそれの準備にかかった訳デス。

前にもご報告した通り、この日はものすごく多くのの星仲間さんが集結(・∀・)b
機材の「夜店」と化した訳なんですけど・・・
父ちゃんは何も考えずに、ぼくの後ろに「カメラレンズ機材」をセットしたんです。

つまり僕の北側です・・・

当日の僕の予定は、1・レムナント(東)  2・馬頭周辺(南) な訳ですから当然
父ちゃんのPCは西か北に画面が向いています。
この日は4番乗りで現場に付いたので、いつもの最西寄りは提督がいました・・
ついでにどすけさん・ほっそんさんの順です。
西に向けると、ほっそんさんの機材を照らす可能性があると判断した父ちゃんは、
当然画面を「何も考えず」北に向けました・・・

そして、あの画面下側「大赤カブリ祭」になるわけで・・・
その時は父ちゃん、何も気づいてはおらず・・・(-_-)
1個学習したわけですヽ(´ー`)ノ

画面はカブるわ、ソフト効果フィルター撤去で天の川撮って「星地獄」
なるわでデカ赤での写真は「ボツ」だったんですが、
しばらくは新しい「直焦点写真」が出来そうにないから、
あえてのUPです。

ではごらんください。。。。

「カモノハシから二重星団・・あたり(-_-)」

2016-10-28
SP赤道儀改デカ赤
Canon EF40mmF2.8(3.2)
Canon EOS kiss X2(改)
ISO1600 3分×18枚
和歌山県西牟婁郡すさみ町

和歌山の言葉でいう「でんでんダメ」ですね・・・
どないしたら提督のようになるんでしょうか・・・

父ちゃんは「カブリ取り」で目一杯の様子でしたよ・・・

ほんまにカメラレンズでの「星景」「星野」へたくそだなあ~(-_-)

へたくそすぎて申し訳が無いので、先だって「ある場所で」撮影した父ちゃんの
スナップ写真でも載せてお茶を濁しましょうヽ(´ー`)ノ

たいとる
「道」

2016-11-25
Fuji X10
ISO200 F6.2 1/60
まだ普通の写真は昔ながらの感覚は保っているようです・・(-_-)
それではまたねぇ~ヽ(´ー`)ノ
  1. 2016/11/28(月) 15:14:09|
  2. 父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

失敗しない天体写真                             GP君が教える実際の運用編ヽ(´ー`)ノ

あ~いヽ(´ー`)ノ
GP2デス。

今日はぼくのようなへっぽこ赤道儀を写真撮影に使うための実際編です(・∀・)b
ぼくは「ベアリング無し」「オールアルミギア」「何もかもオプション」
廉価版赤道儀ですが、父ちゃんにより「写真撮影用にかいぞー」されました。
ギヤとかの事は「父ちゃんの手・・が必要」なので上手くは伝わりませんが、
現場で慌てないようにぼくのような赤道儀を
「なだめすかして」
使う方法をご紹介したいと思いますデスヽ(´ー`)ノ

極望
ぼくの極望は「ビクセン純正」です。
父ちゃんにより「徹底的」に追い込まれています。
BKPくらいなら十分な精度で追尾が可能です。




足回り
ぼくのいとこみたいなEQ5とかは「高度調整ノブ」が前側にもあります。
兄のGPDやSPDX伯父ちゃんにもありますね。
でも僕には有りません
なので、ガッチリ固定するために、父ちゃんに付けてもらいましたヽ(´ー`)ノ


バランス
ぼくにはベアリングが内蔵されていませんから「バランス取り」は苦手です
なので鏡筒システムをFULL組して鉛筆の上に乗っけてバランスのセンターを
出してマーキングしてあります。
搭載するカメラごとに「X2」「X7」と書かれていて、このマークを
アリガタ固定ボルトのセンターと合わすだけになっています。
ウェイトも自宅で「かなり」時間をかけて合わせた後、
ウェイトシャフトに「X2」「X7」と線を引かれています。
これも現場でこれを合わすだけです。

ガイドカメラ
最近のガイドカメラはQHY,ASI、ぼくのToupみんな丸いですよね・・

これも調整しますよ。
三脚の水平をとって、画像をキャプチャーしできる限りX/Y軸の水平垂直を
合わせます。
これによって、ガイドパルスがDEC・RA同時や交互に出るのを防ぎます。
高性能な赤道儀ならそこまでシビアにしなくてもいいかもですが、
ぼくのような「へっぽこ赤道儀には効果満点です。ヽ(´ー`)ノ
ここまで徹底的にされるとガイドグラフはこうなります(・∀・)

これは風などの条件にも、星の揺らぎの条件にもよりますが
ターゲットもこうなります・・

パルスもほぼ出なくなり、グラフは父ちゃんの心電図のように・・・・(-_-)

ほぼ死にかけですね(笑)

これは45ED搭載時のものですが、風が無ければBKP君でもほぼ同じデス(・∀・)

パソコン
ぼくの脳みそであるEeePC1000はXP32bitですが、カードと同時に同じ
画像を保存します。
父ちゃんは遠征前、これをすべて消しますよ。
当然Wi-FiはOFFで前回の遠征時と何ら変わりない状態にします。
アップデートやらでPCトラブルを回避するためです。
新しい機材のドライバーをインストールした時や、ソフトをアプデした場合
遠征前には必ずすべて問題なく稼働するかチェックしますヽ(´ー`)ノ
特にNET接続されていないPCは内蔵時計の時間をチェックします。
自動導入に狂いが発生するからデス。
1分ズレても、視野に対象は入ってきませんよ(;ω;)


ギヤ類
ウォームギアやホイールの煮詰めはまた機会があるときにお話ししますが、
ウォームシャフトとモーターを繋ぐドライブギア(平ギア)は要注意です。
平ギヤも偏心がある場合があります。
DECはRAと違い正逆転がリニアに発生しますが、バックラッシュを恐れるあまり
これを「キチキチ」に詰めるケースがあります。
でも、偏心があったら、その部分が詰まってきた時「ガイドが跳ねる」現象が
起きてしまいます。
ここは個体差ですから、みなさんの愛機の状態をつぶさに観察してあげて下さいネ
もし「短いスパンでDECが跳ねる」ならここも疑ってみてください。


現場で
homeposition
ぼくの駆動ユニットはEQ5モーターです。これは後付けとしてぼくを自動導入化
するために、父ちゃんが付けてくれたんですが「エンコーダー」なるものは
ありません。
だから「ホームポジション」がGOTOの基準になっています。
なので「正確なホームポジション」を取らせることで「一発導入」を
可能にします。

まず「死ぬほど慎重に(笑)水平と極軸をあわせ」マスヽ(´ー`)ノ
次に「わかりやすい星でGOTO」します。
これを視野の中心に持ってきた後、同期させます。
すかさず「ホームポジション」に戻します。
DEC/RAともに可動部分にマジックやシールで「合マーク」をいれます。
この時コントローラーやコントロール用のPCの時計・観測地の経緯度が
間違いないかはしっかり確認する必要がありますよ(・∀・)b

こうすると、次回からその「合マーク」を全て合わせた後導入すると・・・
よほどの「長焦点鏡」でない限り、「一発で視野に入ります。」



撮影の時
これはみなさんの機材の操作法によって変わりますが、ぼくのEQユニットは
1star・3star等のアライメントモードがあります。
一般的に回数が多ければ多いほど「正確な導入」が可能と言われていますが・・
眼視で「メシエマラソン」をするような場合は必要かもしれませんが、
中には「コントローラー英語・・(-_-)」「星の名前わからん・・(-_-)」
ということも多いでしょ(笑)

父ちゃんのように1晩2-3対象の場合そんなことに時間を取られるのが嫌ですから
父ちゃんは「撮影対象のそばの星」にGOTO後、アライメントをして
対象へ振ります。
PCの星図上で構図と微動は行いますから、試写後構図の移動というものは
「ほとんどしないで」すみますよ(・∀・)b


コード類その他
コード類のメインは束ねて「後ろ側」へ流していますが、テンションがかかる
可能性のある「ブットイ」コードは三脚や、ぼくのからだに固定されます。
また、寒さで「硬化」する可能性のあるコードは、父ちゃんにより
自作されましたヽ(´ー`)ノ
カメラのワイドストラップも始末した方がいいです。
風でゆれて、ガイドに影響します(-_-)
ぼくは「デリケート」なんです。(*/∀\*)
単に「弱っちい」とも言います(*´σー`)


これが、父ちゃんが実践してる「ぼくとの上手な付き合い方」デスヽ(´ー`)ノ
そして、これが一番早くストレスなく撮影に入る方法です。
少なくとも僕のような「へっぽこ」はね(*ノωノ)
  1. 2016/11/20(日) 14:24:40|
  2. 機材など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26

父ちゃん・・・今年も引っ付けるのか(--〆)

あ~いヽ(´ー`)ノ
へっぽこGP2デス(*ノωノ)

さて、前回・前々回と立て続けに「オリオン中心部」のお写真をUPした父ちゃん・・
今年は昨年までの「こってり豚骨味的な」色合いから、
今流行りのNikon D810Aちっくな色で仕上げてきますよ~ぉ

高価な機材に手が出せない僻みからからか何なのか知らないですケドォ~

で、元々最初から計画しないと、なんでも単独で撮影してしまう父ちゃん・・・
その辺りは、今年早春にUPした
「オリオン座下半身モザイク」
のガタガタぶりを見て頂けたら、お分かりの事だと思いますデス・・

迷人会のお友達さんを眺めても、おりおん提督・星見KINGさん・まーちゃる司令官さん・にどすけさん・有田の爺さん・TSUBAKI少尉といった方々が
フルサイズを使っていますョ・・・(いいなぁ~

たぶん最近FSQ106EDを導入した787bさんや、みっさんさんもそのうち導入せざるを得ないでしょうね・・・
みっさんさんのWo71APOは350mm・787bさんの106はRD込みでほぼ同じ焦点距離・・・当然どっちもフルサイズをカバーできるイメージサークルを持ちます。
FSQの645RDなどは645をカバーするのですからブローニーサイズがほぼ壊滅状態の現代においては化け物のようなイメージサークルです。
でも、APS-Cだと1.6倍ですから550mmは越えてくる計算ですね。

これだとアンドロメダは入りきらないし、レムナントは言うに及ばず(牡牛座ね)
ハート&ソウルもペアでは入りきれないですね。
父ちゃんのRDはAPS-C専用ですからフルサイズ使えませんが・・・(ナイスな良い訳デス)

で、それに対抗するためにモザイク前提での撮像・・
時間を半分にして枚数同じで実現可能なようにEOS kiss X7を買ったんです。
3200が使えますからネエ・・・
同時に1枚あたりを縮小できますからアラが目立たないというコスイ手を考えたわけなんですヨ 父ちゃんらしい作戦デスヽ(´ー`)ノ

でも、なんか父ちゃんのX7の3200画像は「気に入らん」ようです・・
で、最近は1600での撮像が主流を占めてる訳でして・・・

そんでもって、前回のお写真になるのです・・・

この領域みなさんの作例を見ていますと、「M78まで」入ってる作例が多いデス

「う~ん 何ともうらやましいぞ・・・

GP「じゃ、引っ付けたらいいやん・・

「また、四角くならんやん・・

GP「父ちゃんのモザイクだから、みんな笑って許してくれるョ

ということで、足して見ましたよ・・・

まずはお手軽ICEを立ち上げ、引っ付くかお伺いしますよぉ~(・∀・)b



おっ! どうやらICE様の許可が下りたようです

このままだと「どっちかに引っ張られて」色や輝度がおかしいですから
PhotoshopCCで手直しをします・・

やや、Gに傾いた左半分にグラデを引いてぇ~Gを気持ちだけおさえますよ。で、
少し暗くなったので、レベル補正でもう少しメリハリを全体に付けていきマス
さらに、画面が小さくなった分「星も小さく元気なく」なったから
少し星を光らせますヽ(´ー`)ノ

では、ご覧くだチャイ(・∀・)

「おりおん・三ツ星からM78ヽ(´ー`)ノ」

2016-10-29 11-1
BORG45EDⅡ(改)RD+HEUIBⅡ
GP2赤道儀(こたろうtuning)
Canon EOS kiss X7(レス改)
以上共通
馬頭星雲-M78 ISO3200 5分 26枚
三ツ星周辺   ISO1600 10分 18枚
Microsoft image composite editorでモザイク合成

ぎゃははははは
やっぱり「ガタガタ」ですね
せめて、右側が上や下に寄ってれば足りんとこ1枚足したらまともな1枚になるのに

これだと「良い所」1枚に仕上げるためには、「あと2枚」撮らないといけませんね
しかも、足りないところは「1枚でUP」するにはかなり「修行」ちっくな
地味な所かもしれません・・・

たぶん、父ちゃん今年はこれで終わりだろうな・・・

さて、これでもう直焦点写真の在庫は切れましたよ・・・

どうする?? 父ちゃん!!




  1. 2016/11/19(土) 14:44:52|
  2. 天体写真など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記ヽ(´ー`)ノ               今年も撮ったよ(。-`ω-)b

あ~いヽ(´ー`)ノ
何かと忙しい父ちゃんを尻目に寝ぼけてるGPデス('◇')ゞ

さて、本日はどうしようかなぁ~って思ったんですが、
父上のお写真は「出来が悪い(。-`ω-)b」のですよ・・

パンケーキレンズでなおかつ「レンズ後ろ」のソフト効果用OHPシートを
撤去した父ちゃん・・・
そんなので「冬の天の川」とか撮影して処理したら「星がみんな同じ大きさに」って
気がつかんのですかねえ・・・(-_-)

なので、しばし発酵させて、再処理ですね・・・

致し方ないから、今日は11月1日の遠征分です・・ヽ(´ー`)ノ

前回のどど晴れから間もない1日・・・
忙しくて29日の遠征に参加できなかった、父ちゃんの親友「みっさんさん」は
1日の晴れ予想に遠征するつもりでした・・

これに便乗したのが、父ちゃん・提督の懲りない2人・・・"(-""-)"

さっそく「すさみ」へGOOOOOO----

付いたときから雲行きが怪しいですヨ・・
どど曇りです・・(;´・ω・)

今日は「TSUBAKIおじちゃん」がいないので・・・
時間がつぶせません・・・

「なんやねんこれ~
「ちょっとかんべんしてやぁ~

ガラの悪い2人はボヤキまくります・・・

ぼくは「鼻ちょうちん出してネンネです(-。-)y-゜゜゜

そこにさっそうとあらわれた「おっきな白いキャンピングカー」
中から現れたのは「星屋さん」のようですよ・・・

「こんばんわ!」
「夕焼け熊五郎さんに聞いててどんな場所か見に来たんです・・」

なんと「風来坊さん」です。

こんにちわぁ~(*゚∀゚)=3

さて、いっこうに晴れないすさみ上空・・・
ガラの悪い2人はボヤキまくり、風来坊さんの車を見せてもらって
「あたかも部屋のような・・」その内装に目を見張ります。。。

みっさんは静かに何かのテストをしていますね・・

ぼくは「鼻ちょうちん」

気象衛星の画像をリアルタイムで見ると、東西に長い帯状の雲がどんどん
やってきます・・・
それでも少しづつは南へ下がっていってるようです・・
そして天頂のど真ん中に切れ間が来ます。
北は「どど晴れ」南は「どど曇り」・・・(-_-)
気象衛星にある長い雲の北端が真上にあります・・・

0:30ついにオリオンがその姿を見せました・・・

「おい! こらGP・・起きんかい

「父ちゃん・・・眠いよ・・

「やるぞ! 晴れたぞ

「もういいやん・・・朝まで寝る・・・

容赦なく「でんきえねるぎー」がぼくに流されます・・・

もう「当初予定の対象は撮影不可能です・・
時間もないデス。
こうなったら、3時間コース1本勝負ヽ(´ー`)ノ

ではごらんください(・∀・)b

「オリオンベルト周辺」ヽ(´ー`)ノ

2016-11-2
BORG45EDⅡ(改)RD F6.1+HEUIBⅡ
GP2赤道儀(こたろうtuning)
Canon EOS kiss X7(レス改)
ISO1600 10分 16枚
和歌山県 西牟婁郡 すさみ町

あい、昨年ゴースト対策を行い最初に45EDⅡ君と撮影した
「オリオンの三ツ星」です
今回は「明るめ・派手め」ですね・・・

最近は「なんか頭のバネが1個吹っ飛んだ父ちゃん・・・(-_-)」

「色狂い状態です・・そっちかい・・・)

まあ、旬の対象ですから先にUPしておきましょう。

アルニタク・アルニラム・ミンタカの3つの星・・・
馬頭・燃える木は明るいですが、そのほかは「激淡
ですから、しっかり露光が必要ですヨ(。-`ω-)b

特にF6.1なんて暗い筒はこうしないとどうしようもないデス。

いくら寒くてもkissX7の3200は使いたくない父ちゃん・・・
この日はこの1対象で終わりました・・

ちなみにこの画面には「バックヤード」はありません。
そんな風に見える場所も「なんかしガスがある!」ようです。

皆さんもぜひ撮影してみて下さいネヽ(´ー`)ノ

それでは・・・・($・・)/~~~
  1. 2016/11/15(火) 17:30:00|
  2. 父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記ヽ(´ー`)ノ                D810A・・・風(*´з`)

あーいヽ(´ー`)ノ
全国の星屋さんの動向を知るGP2デス(。-`ω-)

さて、10月29日の最後のお写真ですが・・・
まあ、最近はEIZOに変えて「アラが目立ちまくる・」ようになった父ちゃん・・
どう考えても、淡いものを撮影できる時間的余裕はありません。
2時間ものでないと無理ですね(・∀・)

うーん・・・そうなるとあれしかない (。-`ω-)b

M42だと周囲のモクモクの問題があります。
枚数少ないと荒れまくりですし、45EDでは1600 10分コースです・・
しかも10分だとM42本体はかなりの露光オーバー・・
多段階露光を余儀なくされ、必然撮影にかかる時間は長大なものに・・

ですから、アレなんです・・・・
その横ですな( `д´)b

「M78~馬頭星雲ヽ(´ー`)ノ」D810Aふう・・・

2016-10-30
BORG45EDⅡ(改)RD+HEUIBⅡフィルター
GP2赤道儀(改)
Canon EOS kiss X7(レス改)
ISO3200 5分 26枚
和歌山県 西牟婁郡 すさみ町

定番構図の「ウルトラの星から馬頭にかけて」デスヽ(´ー`)ノ

なにやら、巷はε130DNikon D810Aがはやっているようなので
そんな二つで60万超えを「妬ましく」思う「ダーク」父ちゃんは
810Aの画像をつぶさに分析・・・(やることがみみっちい・・・)

色を似せる作戦に・・

そのうち「光条」まで「バッテン」に付けるかもしれません・・・

まあ、JPEG保存してからゴソゴソしてましたから、
チョイへんちくりんなんですが、父ちゃんの
「いじらしさ・・」というか「かわいいとこ・・」だと思って
皆さん多めに見てあげてね~ぇ(*/∀\*)

さて次回、カメラレンズの作例を一気にUP・・・
もしくは、その次の遠征での「派手派手」
どっちを先にUPしようか考え中ですヽ(´ー`)ノ

皆さんはどう思いますか


  1. 2016/11/13(日) 16:28:50|
  2. 父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26

父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記ヽ(´ー`)ノ                うーん星野は苦手(・∀・)

あ~いヽ(´ー`)ノ
もうクタクタです・・(-_-)GP2デス・・・

さて、前回「父上(SP改ポタ赤)」の記事を出しましょうかと言ってたので
今回は40mm「パンケーキレンズ」での写真ですよ(・∀・)b

この日「レムナント」撮影予定の父ちゃん・・・
ぼくはそれに懸かりっきりになるでしょ・・・

で、暇な父ちゃん、時間をつぶすため、パンケーキレンズとX2IR改造機を
父上に乗せて「星野撮影」しようと、たくらんだ訳デス

夏場に「大塔」で撮影していた父ちゃんは、レンズの後ろに「OHPシート」
貼り付け「ソフトフィルター」の代わりにしていたわけですが、
星雲もかなり「眠くなって」しまいます・・・(-_-)

なんで、今回はそれを撤去しての撮影ですヨ

当日は「夜店か???」っていうほどの賑わいだったことはお伝えしました。
で、撮影した画像を処理し始めた父ちゃん・・・

とあることに気付きます・・・
百聞は一見に如かず・・

彩度100の画像をご覧くださいヽ(´ー`)ノ


画面右から、えらい事になってマスね・・
バーナードも何かに埋まってます・・

ISO1600 3分の画像です。
どうやら「自分たちの赤い光」が被ったようですね・・・

ここは、グラデマスクを使い、父ちゃんカブリを退治ですヽ(´ー`)ノ

通算、25枚は使ったでしょうか・・
やっとここまで平坦にしました・・(-_-)



で、これから「練る」訳ですけど・・・
「星野」の苦手な父ちゃん・・・
やりすぎで、エライ事になりました・・

どうぞご覧くだチャイ(・∀・)

「おりおんざ」



Canon EF40mm F2.8 STM(F3.2)
Canon EOS kiss X2(IR改)
SP赤道儀(改)デカ赤
ISO1600 3分×24枚
和歌山県 西牟婁郡 すさみ町

「星多ッ・・・(  Д ) ゚ ゚」

なんかね・・星がね・・・粒粒でね・・・
ようわからんみたいです。

せめて、赤い散光星雲だけでもの画像ですね(・∀・)b

やっぱ、若干のにじみ系フィルターはあった方が雰囲気は出しやすそうです。

さて、次回こそ「冬の定番」ぼくの作品です。

こうご期待くださいヽ(´ー`)ノ


  1. 2016/11/11(金) 19:42:49|
  2. 父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記ヽ(´ー`)ノ                 安定のほし(*'▽')

あ~いヽ(´ー`)ノ
色がくすんできましたよ・・GP2デス┐(´д`)┌

さて、今回も10月29日の遠征分です。

あの日「祭の夜店か・・・(;'∀')」ってほど集まった迷人会メンバー
ここまで一堂に会することもなかなかありません。
それほど、晴れに恋い焦がれていた訳デス・・・(-_-)

ぼくも父ちゃんも当然ですよヽ(´ー`)ノ
でないと、高速代出して出かけてきません

取れ高÷枚数ですから、曇ったりしたら
「コストパフォーマンスの悪い写真」になります・・・

この日は日が暮れてから明け方までほぼ快晴だったんです
でも、レムナント狙ってた父ちゃん・・・ 
最初、牡牛が昇るまで少し時間がアリマス

いつもなら、時間をつぶすには「喫茶TSUBAKI」に集まって
バームクーヘンと暖かいコーヒーなんですが、
この日TSUBAKIおじちゃん・Nおじちゃんコンビは到着が遅れてました。。。

8時前くらいでしょうか・・・
TSUBAKI少尉とうちゃ~くヽ(´ー`)ノ

おりおん提督・夕焼け熊五郎大王・父ちゃんが駆け寄ります・・

「こんばんわ

「機材の設置は後でいいから・・・

「早く喫茶開店して~ぇ

自分の事しか考えていない、このオッサンどもは言いたいことを言います

南国すさみは全体にはすごく暗いのですが東は低空が少し明るいんですね
大塔は東・南は真っ黒ですが・・・

それでも、冬の天の川が平気で見えています

さて、牡牛が迎撃可能になるまであと1時間ほど・・・
父ちゃんはそれまでに何か撮るつもりのようです。
ぼくのからだに、電気えねるぎーが注入されましたヽ(´ー`)ノ

PCさんからGOTO信号が送られてきますョ(・∀・)b

「うぃ~ん・・・
「ぴったっ

ぼくは天頂手前の冬の天の川付近で停止しました( ノ゚Д゚)

そしてISO3200 5分6枚の指示通り
「カッシャッ

「ペルセウス座 α星付近 Mel20ヽ(´ー`)ノ」

2016-10-29
BORG45EDⅡ(改)RD+HEUIBⅡフィルター
GP2赤道儀(改)
Canon EOS kiss X7(レス改)
ISO3200 10分×5枚
和歌山県 西牟婁郡 すさみ町

はい。
ペルセウス座α星付近に広がる散開星団Mel20です

以前にも1枚物でUPしましたが、思いのほか「かわいいので
時間的にもちょうどでしたし、撮影してみましたよ。

これはねえ、お写真でもいいけど双眼鏡で覗くと

「とってもかわいいのデス

ぜひ、みなさんも見てあげて下さいネ(*/∀\*)

さて、次回もこの日のお話しはつづきますよぉ~
ただし、ぼくではなく父上(SP赤道儀改 デカ赤)の撮影分になるかもです・・

乞うご期待ヽ(´ー`)ノ



  1. 2016/11/07(月) 17:40:03|
  2. 父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記ヽ(´ー`)ノ                 父ちゃん果敢に挑みそして散る・・・(-_-)

あ~いヽ(´ー`)ノ
寒くなりましたね! GP2デス(*´▽`*)

さて、今回は「ドタバタ遠征記・すさみ編」デス(・∀・)b

今年は5月から大塔へ行ってた父ちゃん・・・
しかし、だんだん「おっさん化」してきて、寒さがこたえるようになりました

新月が月末に食い込んできた10月・・・

父ちゃんどこ行く~ヽ(´ー`)ノ

そうだなあ・・・ ボチラボチラ「すさみ」でいいのではないかい
暖かいし、おまえもグリスが固くならんでいいやろ

ぼくの事を気にかけてるようで、ほんとは自分が寒いくせに・・(。-`ω-)

しかし、そんな「ズボラ」を考えていたのは父ちゃんだけではなかったんです・・・

名前言いましょうかぁ~ヽ(´ー`)ノ

おりおん提督・夕焼け熊五郎大王・TSUBAKI少尉・Nさん・GINJI-Hさん・
にどすけさん・ほっそんさん・787bさん・有田の爺さん・・・・
なんと千葉に赴任中のこんにんさん・・・

他の星仲間さん・大阪北部からいらした方、サバ缶さん、若いグループさん・・

ほんと、現場は「お祭りですか???」ヽ(´ー`)ノ
屋台のように機材が並びますョ・・・

さてさて、今回父ちゃんはある対象を「メイン」に撮影することに決めましたよ。

前回の記事でご紹介した「八塔寺星を観る会」の一員であり、
迷人会応援隊 岡山本部長でもある、道端小石さんが、
45EDⅡそれを撮ったんです( ゚Д゚)σ

まさか、道端小石さんが45EDⅡなんて初耳ですし、父ちゃんとしては

「45EDⅡで負けるわけにはいかん」

とばかりに闘志に火がついたわけなんです・・・(-_-)

も~ぅ(。-`ω-)
小石おじちゃんったら、45EDでそんなん出したら父ちゃん「メラメラ」するに
決まってるし・・・
まして、それ何時間撮ればいいの
口径4センチ5ミリ、F6.1の鏡筒で
ぼくはず~ううううううっと追尾せなあかん・・(-_-)

かつて、星見KINGさんがFSQ85EDで「薄暮~薄明まで」一晩かけて
お蔵・・・・
最近では、にどすけ君がプロミナーF4仕様でまたしてもお蔵入り・・・

おりおん提督でさえ「撮る(。-`ω-)」と言ったまま撮ることを避け続けている
あの対象・・・

なんでも「満月の6倍以上」「淡さ殺人級」

スタック画像が「父ちゃん幽体離脱」を容易に想像させるおぞましさ・・・

まあ「最初から何も写らん・・・」という事がわかってるだけ、マシですけど・・

道端小石さんのデーターから父ちゃんは
ISO3200 5分×48枚(4時間)最低コースと計算しました。
そもそもこの時点で、他の対象に合わせ「ダークの使い廻し」を優先して
5分と決めた父ちゃんが愚かですね・・

当然お持ち帰り後、父ちゃんが「4回死んだ」事は、言うまでもありません。
しかし「お蔵にする。」にはあまりにぼくが不憫という事で・・・

むりやり存在確認レベルまで「練りまくって」UPです。

それでは、ぼくの4時間追尾してお蔵のお写真見てください( ;∀;)

「Sh2-240 牡牛座超新星残骸(レムナント)」ヽ(´ー`)ノ





って・・・「おーーーーーィ」(/・ω・)/

わからんやん、、、父ちゃん・・・

だつて・・・だつて・・・・だつて・・・・・・・・

出んもん・・・・なんかキチャないし・・・・

じゃかぁしぃ~・・
うだうだ言わんで出さんかい(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

は・はい・・・・





2016-10-29
BORG45EDⅡ(改)+RD+HEUIBⅡフィルター
GP2赤道儀(改)
Canon EOS kiss X7(レス改)
ISO3200 5分×48枚
和歌山県 西牟婁郡 すさみ町

本当はもっと細い「紐」みたいなんですよね・・・
元画像はもっと細かった気がしますが「練りすぎ」でメタボりました・・・

父ちゃんの事ですから、機会を見てもう1回「練り直し」するんでしょうけどね・・
今は、父ちゃんの限界デス・・・・

さあ、次回は安心して見れる「父ちゃん安定のお星さま」デスヽ(´ー`)ノ

なにが出るかこうご期待(*‘ω‘ *)





  1. 2016/11/04(金) 01:10:33|
  2. 父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

プロフィール

こたろう

Author:こたろう
迷人会のこたろうです!

訪問者様

Windy

お天気!!

天体写真ブログ村

ポチっとお願いしたします。

Dragon radar!

大爆笑!天文ブログ

おもしろ検索サイト

こちらもどうぞ!

天文リフレクションズ

迷人会工房

お取り扱いはこちらm(__)m

大阪あすとろぐらふぃ~迷人会

LINEスタンプ

天文あるあるスタンプ。

お取り扱いはこちら。

UNIQLO UTme!

オリジナルウェア!

お取り扱いはこちら。

迷人会工房Blog

工房のブログへはこちらから!

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

カテゴリ

父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記 (154)
機材など (88)
父ちゃん語る (12)
天体写真など (29)
あすとろぐらふぃ~迷人会 (34)
画像処理みたいなん (3)
父ちゃんのカメラ講座 (3)
こたろうデザインgoods (2)
ツール (1)
その他 (26)
未分類 (11)
ももとじいじのお部屋 (9)

カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック