FC2ブログ

こたろうさんのブログ

父ちゃんとGP2の奮闘記 evolution series3









父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記ヽ(´ー`)ノ                  賞味期限切れ・・(-_-)

あ~いヽ(´ー`)ノ
梅雨真っ盛り!GP2ですよ(*´Д`*)

さて、ぼちぼちお写真のストックもなくなってきた父ちゃん・・
あれでも出しますか

5月最終の遠征の時、父ちゃんは一番最初に撮影したものがあるんです。
それは、その前の遠征時TSUBAKIおじちゃんに教えてもらったものデス。
でもその時はすでに西の空・・・
木の陰に見え隠れし「撮影失敗(-_-)」

と、いう事でこの日は場所をじっくりおうちでシュミレーションする父ちゃん
現場に着いてからもうわごとのように・・・

「J&J・・・・」  「J&J・・・・

と呟いています・・・

J&J?  はいジョンソンエンドジョンソンですね・・・
P&Gではないデス(笑)

あまりに呪文のようにつぶやくもんだから、それはおりおん提督にも伝染して
提督も撮影する羽目に・・・

しかし、中々きれいなお写真を撮ることのできたぼくと父ちゃんは、それらを
先に出すことを優先し・・・
完全に旬をすぎたお写真になっちまいましたよ・・・

それではご覧くださいヽ(´ー`)ノ

「じょんそん彗星ヾ(*´∀`*)ノ」

2017-5-28
SkywatcherBKP130OTAW(改)+HEUIBⅡ
GP2赤道儀(こたチューン)
Canon EOS kiss X7(レス改)
ISO1600 5分×16枚
奈良県 五條市 大塔

角付きで話題になった彗星ですね。
これは前に出ているのではなく、斜めって出ているのですが地球のある位置から
みるとあたかも前に出ているように見えているだけのようです(・∀・)b

V字とか開脚状態のはたまにありますけどねえ( ゚Д゚)σ

さて、まともなお写真はもうありません・・・
機材ネタだけで乗り切れるのか・・・父ちゃん

  1. 2017/06/26(月) 14:53:00|
  2. 父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記ヽ(´ー`)ノ                南海の大決戦( ・`ω・´)b 新キャラ登場~!!

あ~いヽ(´ー`)ノ
そろそろ再調整が必要なGP2デス(*´Д`*)

さて本日も前回同様、5月最後の遠征記です(・∀・)b

今日はその中でもメインのお題についてお話をしますね

この日の父ちゃんは、3対象の予定を考えて遠征した訳デスヽ(´ー`)ノ
こいつは南のひくいところにあるので、条件を選ぶんですよ・・・
でも、これを撮影したかったわけが父ちゃんにはあります

というのも、通常これはペアで撮影されることが多いんです。
で、父ちゃんこいつの相方はすでに撮影済み・・・
しかも、迷人会のみなさんにはかなりの人気者なんですよ・・・

そこで、かわいそうだなって思った父ちゃん、なんとか南の低いこいつを撮影してやろうと秘かに計画を練っていた訳デス
もう一個父ちゃんには考えていることがあったんですが、それはお写真を見てもらってからご説明しますねヽ(´ー`)ノ

そう、遥か昔のお話デス・・・
南の川に2匹の生物がいました。親戚にあたるこの2匹は子供の時は毎日川で一緒に
お相撲をとっては「どっちが強いか力比べ」ばっかしてたんですよ・・・
そのうち「こんな狭い川の中だけじゃ嫌だ」と、1匹は武者修行に出ました・・
長い年月の末、そいつは「チャンピオン」になったんですよ・・・
その話を聞いた、もう1匹も「負けれない」と同じように体を鍛え・・・
そして、決戦という形で合いまみえることになりました・・・
それ以来「勝った負けた」を繰り返す彼らを見た神様は「友達同士が争う事のないように・・」と2匹を天の川に引き上げ星雲にしたんです(・∀・)b(嘘)

そいつとは・・・  こいつです・・・(-_-)


南海の挑戦者「カニ」です・・・
負けた時に神様に星雲にされてしまったので、今でも両手を上げた「降参」ポーズで星雲になっています・・・(嘘)

それでは、ご覧くだチャイヽ(´ー`)ノ

「南海の挑戦者! カニラ( ・`ω・´)b」

2017-5-29
SkywatcherBKP130OTAW(改)+HEUIBⅡ
GP2赤道儀(こたチューン)
Canon EOS kiss X7(レス改)
ISO1600 5分×21枚
奈良県 五條市 大塔

はい(・∀・)
「ヒガンバナ星雲」じゃん(-_-)って思った、そこのあなた
もう「カニ」にしか見えなくなったでしょ(笑)
ほら、もう1匹がなにですよってに・・どうしてもここは「カニ」でないと・・・

もう1匹の方は星雲自体に「青」成分がありまして、父ちゃん前回それを持ち上げてみたんですよね カメラレンズや同時に捉えるとどっちも「真赤っか」になりますが・・ 片方に赤以外の成分があるなら、こっちにも同じように「色の差」が
あるんじゃないか?って父ちゃんは思った訳なんです。

で、処理の時によく観察してみると、どうやら中心部分にかけてかなり「緑」の強い場所があるようです・・
なんで、ここを持ち上げてみますとやや中心の「オレンジがかった」色になったんですヽ(´ー`)ノ
ちなみにこれが合っているかは、

「ぜんぜんわかりません!」

ただ「どつかれて泡吹いて、降参」してるカニに見えるのだけは間違いない

さて、そうこうしていると、どうも画面右下から「妙なプレッシャー」を感じます。

「だ・誰だ!!」

   ・

   ・

   ・

   ・



で・でた・・・(-_-)
また君ですか・・・ じゃあせっかくですから、お友達とつなげてあげてくださいよ
父ちゃん・・・


エビボクサー 2017-4-29 5分×27枚
カニラ    2017-5-29 5分×21枚

共通データ
SkywatcherBKP130OTAW(改)+HEUIBⅡ 
GP2赤道儀(こたチューン)
Canon EOS kiss X7(レス改) ISO1600

共通の黒い所の輝度を合わせてから父ちゃんは繋いだので、ガタガタでなければ
モザイクとはわからないと思いますよヽ(´ー`)ノ

エビボクサー君はやや「青」を強くしているから、実際はもう少し「茹でエビ色」
かもしれませんが、やはり2匹には「色の違い」がありそうですね。
どっちも「わりと低空の条件の良い時」に撮影しましたからヽ(´ー`)ノ

同じ色に表現されがちな2匹ですが、我々人間が一人ひとり違うように、個性があってもいいのではと、今回は同じような処理で比較して、繋ぐ実験だったようです。
むろん、父ちゃんのすることですから「正しい」訳ではないかもしれません・・
まあ、こんな「ヒガンバナ・出目金」があってもいいかな?って・・・(・∀・)

さぁ・・ もう父ちゃんの「梅雨前在庫」も残りわずかになりました・・
次回は「完全に旬を逃した」あれでもだしますか? 父ちゃん・・・(-_-)

それでは、次回もお楽しみにぃ~ ヽ(´ー`)ノ
  1. 2017/06/19(月) 17:00:09|
  2. 父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記ヽ(´ー`)ノ                  父ちゃんはあみ嬢がお・す・き♥(*/∀\*)

あ~いヽ(´ー`)ノ
空梅雨なのでしょうか? GP2どす(*゚∀゚)=3

さて、今日は5月最後の遠征記ですよ(*´σー`)

前回・前々回と「雲に巻かれた」父ちゃん達・・
モンモンしていますよ・・・
そして、訪れた「晴れるかもしれないよ~」的GPV様の御託宣・・・(-_-)
でも2回「だまされた」父ちゃん・・声高らかに「出撃予告」を公には出せません

GP「父ちゃん・・・どうするぅ~ ぼくとボッチする

「うむ・・・ ここは撒き餌だな・・・

GP「でも前々回、撒き餌して曇っちゃったじゃん・・・(-_-)」

「ここは、五目釣り的撒き餌ではなく、魚種を絞ろう・・・

GP「・・・

魚種を絞る どゆこと

父ちゃんはさっそく、その撒き餌準備のようです・・・

まず迷人会ラインではなく、個別にラインです・・ あて先はみっさん中尉ですよ

「本日出るかもしれん・・・・

1分とたたずみっさん中尉からお返事が来ました・・・

「おでもいく・・・

おやおや・・一投目の「落ちパク」状態ですやん・・・まず大物GETです・・
メールを返すのかと思いきや、すかさず提督にラインする父ちゃん・・・

「みっさんが前・前々回行けなくて、今日行くので一緒に行ってきます・・・

なるほどね・・・ヽ(´ー`)ノ

これはもう提督のお返事は返ってこなくても解ります・・・
1分後・・・

「私も行くつもりしてますヽ(´ー`)ノ」

   ・
   ・
   ・
   ・
   ・

落ちパクです(笑)・・・( ・`ω・´)b

さて、平日のメンツはそろいました・・・
では父ちゃんれっつらご~

このメンツは久しぶりですね! 父ちゃん・・・
提督・中尉・KING・父ちゃんの4人で3年前、迷人会はスタートしたんです。

実際この日は「朝まで快晴ヽ(´ー`)ノ」
父ちゃん・提督の二人は疲れが吹っ飛ぶ喜びようです。
かたやみっさん中尉は「とっても運がいい」ですね・・・と思いきや・・
久しぶりの撮影につきもののトラブルですよ・・・
EM100に載せたR200SSの星像がおかしいです・・  なんか光条が変・・・
星の形もおかしいですよ・・・

「運搬中に光軸ずれたんと違うの・・?」

「うん。可能性はあるな・・・」

仕方なく中尉はWO71APOへ鏡筒を換装です・・・
と・ところが・・・
その71でも星像が変・・・
なんか、片側にハロが寄ってるというか・・・(;ω;)

いろいろ原因を考え対策を施しているうちに、バンドを緩めると少し星像が良くなることに気付いた二人・・・
5枚玉ってこんなにシビアなんでしょうか・・・

さて、ぼくはというと久しぶりに家で考えてきたスケジュール通りの撮影です
3対象の予定ですよヽ(´ー`)ノ
本日はその一番最後に撮影したものをご紹介します(・∀・)b

なぜかって  流行だからデス(*´σー`)

ではご覧くだチャイ(*‘ω‘ *)

「あみ嬢星雲・・・の東・・ヽ(´ー`)ノ」

2017-5-30
SkywatcherBKP130OTAW(改)+HEUIBⅡ
GP2赤道儀(こたチューン)
Canon EOS kiss X7(レス改)
ISO1600 5分×24枚
奈良県 五條市 大塔

今流行りの「網状星雲」の東のやつですねヽ(´ー`)ノ
皆さん力作を最近たくさんアップされています。
提督さんもイプでフルサイズ一網打尽バージョンを先日アップしたばかり・・
岡山本部長さんもモザイク作品を、迷人会メンバーでもかなりの数を撮影していますよ(・∀・)b

以前「牡牛座超新星残骸」でフィラメントの抽出に失敗し敗北した父ちゃん・・
鮮やかさ、色や淡い所のあぶり出しより、いかに「スジスジ感」が出せるのか・・
で今回は処理を進めます(-_-)
「網状」が「縄状」にならないように注意しながら、且つ「青」もスジスジが壊れてしまわないように、慎重に慎重に・・・
「赤」と「青」が重なる所はやや「紫」、輝度の高いとこは「マゼンタ」に・・
星雲自体を持ち上げると「色が薄くなり」そのために「色を濃く」すると派手になりますね・・・
父ちゃん、スジを出来るだけ温存しバックの明るさも加減して、全体をまとめていきましたヽ(´ー`)ノ
皆さんのものよりは「ジミ」になりましたがスジスジ感をお楽しみください・・

って、ナローでなく「あくまでワンショットデジカメ」ですからこの辺りが父ちゃんには限界デス・・・

次回はどうしよう・・・
旬を過ぎたものを出すのか、または条件が良くないと撮れないものを出すか・・

それはぼくの気分次第ですヽ(´ー`)ノ

  1. 2017/06/15(木) 00:01:00|
  2. 父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24

父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記ヽ(´ー`)ノ                またまた困った父ちゃん・・(-_-)

あ~いヽ(´ー`)ノ
最近兄弟が増えまくりのGPデス(*‘ω‘ *)

さて、本日も5月の27日の遠征記ですよヽ(´ー`)ノ

前回の記事でもお話しした通り、この日は前半は晴れたものの気温が高く、湿度も多めで途中から雲が湧き、後半は高層の雲の来襲で困った懲りない面々・・・

それでも、なんとかぼくは「クレセント星雲」を撮影したのデス(*゚∀゚)=3

でも、それも一時・・・最後は白鳥さんも雲の海で溺死したんです・・・って前回はお話させていただきましたよね(ノД`)・゜・。

時間はほぼ「薄明開始」と同時刻・・
恥ずかしがりの白鳥さんは雲の中に消えていきました。。。。

「あ~ぁ・・ 父ちゃんしゅ~りょ~だよねぇ・・

満天の曇り空・・ぼくと父ちゃんは完全な薄明を待たずに、雲の海に消えていく白鳥さんを眺めていましたよ。。。。($・・)/~~~

周りの皆さんを見ると、複数台の機材を出した方は片方を撤収中です・・・
TSUBAKIおじちゃんのBKP200の上にはELパネルが乗っかっていますよ・・・

提督さんですら、イプ以外の機材を撤収中デス

「撤収にはまだ時間があるな・・(-_-)」

スカイフラットを撮る必要のあるぼくは、もっと明るくならないとBKP君を降ろすことが出来ませんよ・・・

展望台の星景組は途中で撤収されたようです・・
広角での星景にこの雲の海は致命傷ですもんね・・・

「父ちゃん・・このまま明るくなるまで寝てもいい

父ちゃんとぼくはぐるぅ~っと空を見渡しそんな話をしました・・・
っと、一箇所星が見えている場所があるじゃないですか・・
遥か天頂・・アルビレオの周辺デス┐(´д`)┌

「ああ・・・あれ・・・撮れるな・・・

「ええっ (゚∀゚ノ)ノ  あれ・・・

待ってる時間暇だし、やってみますか父ちゃん
どうせ、薄明開始後ですから数枚ですよ・・・(-_-)

で、ぼくはラジオ体操がわりに「カッシャ!!」

「今年は2回困ったんですよ・・・(-_-)」

2017-5-28
SkywatcherBKP130OTAW(改)+HEUIBⅡ
GP2赤道儀(こたチューン)
Canon EOS kiss X7(レス改)
ISO1600 5分×4枚
奈良県 五條市 大塔

はい! 提督さんが言ってましたヽ(´ー`)ノ
「困った時のコートハンガー!!」
今年は2回困ったから2回目の登場です・・・(-_-)
だいたい、アンタレスで時間が残り4月そうそう困るのが可笑しかったんだよ・・
父ちゃん・・・

BKP君だとちょうどな画角ですねヽ(´ー`)ノ

普通1年に2回も撮らないよ・・
なんか、今年はまだ撮りそうです・・
ただ、ぼくと父ちゃんには「困った時の星だけって最終兵器があります。
どこを撮ってもいい訳ですからね(・∀・)b

みなさんも撮ってみてくださいヽ(´ー`)ノ

「ほし」・・・

さて、次回、2回「雲に巻かれた」父ちゃん・・・
ネタを稼ぐため、起死回生の遠征に出ます・・・
またまた「撒き餌作戦」でお仲間を集いますよ・・・(-_-)

さて、いったい誰が父ちゃんの餌にまんまと引っかかったのか

乞うご期待ヽ(´ー`)ノ
  1. 2017/06/12(月) 11:55:02|
  2. 父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記ヽ(´ー`)ノ                  みんな雲に巻かれる・・・(-_-)

あ~いヽ(´ー`)ノ
天体下々のあいどるGP2デス(*´ω`*)

さて、本日は5月も後半の遠征記ですよヽ(´ー`)ノ
日付は5月の27-28日です。折も折、新月の土日とあって迷人会ラインは朝から大賑わいですよ

まずTSUBAKI少尉・ヤッタラン副長・GINJI-H野さんが名乗りを上げまして・・
にどすけ准将・最近提督と知り合ったMさん・Yさん・Yさんのご友人が次々遠征を
表明しますヽ(´ー`)ノ
そして「迷人会きっての晴れ男」ほっそんが参戦を表明・・・・

ところがその前の遠征で「敵前敗退」を余儀なくされた責任者2名・・・・
そう、提督・将軍は二の足を踏むへっぽこぶり・・・・

提・将「2:30の予報見て決めます・・・(-_-)」
提・将「今のところ様子見で・・・・

なんとも情けない両将軍・・・ 大人の狡さと言おうか・・
何とも情けないデス・・・

しかし「晴れたら悔しいが本音のずるい大人である2人は結果的に何とももっともらしい理由を付け、参加を決めます・・・・(-_-)

「ほっそんの言う通り、行かねば撮れん・・そのとうりやね
「ほんまですね
「老いては子に従えですな! 提督・・
「行きましょう/)`・ω・´)」

てなやり取りの後、ぼくも一緒にれっつらごーデス

2人とも「ほっそんの晴れ運」に賭けた事は言うまでもありません・・
しかし、この考えが後に悲劇を呼ぼうとはこの段階で2人は知る由もありません

さてさて、現場はいつになく大賑わいですヽ(´ー`)ノ
星景の方3名を含め、親子でキャンプの方、そして当初のメンバー合計17名の人間が普段静かな山の上・・・
最年少はキャンパーの息子さん・・・3か月くらいの赤ちゃんデス(*‘ω‘ *)

星が見えるまでキャンパーの親子連れさんと話する父ちゃん・・三人の子供さんのうち、真ん中のお嬢ちゃんにえらく懐かれた様子です(*/∀\*)
父ちゃんの足に腕を組んで離れませんョ・・・

父ちゃん一族の男は何故か「子供と動物」に懐かれるという特徴があるんです。
ちなみに成長した人間の女性には「いっさい懐かれないという
「特別な才能」も共通でもっています(笑)
そうこの辺りが「天職は僧侶」と呼ばれる所以です・・・(-_-)

星が見え始めぼくは極軸をセットしてもらいましたヽ(´ー`)ノ
後は自宅で父ちゃんと考え抜いた「すけじゅーる」に沿って撮影に入るだけですね。

この日はおりおん提督と知り合いになった、YさんのEQ3赤道儀の様子見と操作方法をお伝えする大役があった父ちゃんは、おりおん提督と共にその任に当たります

一通りの使い方をレクチャーした後、やっとでぼくは「えねるぎ~」を入れてもらい撮影の準備に入ります・・・がぁ・・・・・・・

どこからともなく湧き上がり「押し寄せる雲・・・雲・・・雲・・・
向きは北から南へ・・・・
こんな予報はありませんでしたよ・・(;ω;)
その後もどんどん雲は濃くなり・・みんな椅子を持ち寄り「喫茶TSUBAKI」で
おしゃべりデス。仕方ないからぼくは居眠りをしてました・・
世間話から画像処理・機材の話題まで・・・ 以前・地元で行われた
「みっさん作の新玉ネギを食べながら画像処理するオフ会」のDVDにまで話が
進みます。ちょっとご紹介をするとですね・・・
イメージ 1この通り、父ちゃんがDVD内でヒストグラムの説明を行っています。
Gの幅が狭いながら、アンタレス周辺の場合はGも存在し且つ必要な成分であることをお話ししている訳デス・・
また、Rチャンネルが非常に荒れ荒れになっていることも指摘して、これを何とか見れる画像にしようとしているわけですが・・・・




と、ここで横からゲゲゲの提督が登場します・・・(-_-)
なにやら、ごにょごにょし始めますよ・・・
で、この後「あんな事や」「こんな事」を施して画像を完成に近づけていくのですが、完成の頃には最早二人とも「ぐでんぐでんのガラの悪い酔っ払いと化し・・・
まともに完成しないまま処理会自体がフェードアウトするという、なんとも「お笑い要素」満載のDVDなんですよ・・・その総時間なんと2時間40分(゚∀゚ノ)ノ 誰が好き好んで見るんでしょうか・・でもなぜか「終始笑い声の絶えない内容」なんです・・・
なぜかって? それはですね、やってる講師も、見てる生徒もぐでんぐでんなんで
何が起こっても「笑けてくる」んです・・・

さて、そんな談笑も飽きてきたころ、やっとで星達が見えて来ました・・・時間は1時をまわっています。まともに撮るなら夜明けまで1対象です(-_-)
ところが・・・次は西から東へ・・高層を筋状の雲がアコーディオンのように流れていきます・・・・これでは筋と筋の境目を縫って撮影するしかありません・・
提督は「オカぺリ」を父ちゃんは同じく「白鳥座」を狙って、ダメもとで露光開始

「GPよこうなれば朝まで撮れるだけ撮るんだ
使えるコマだけ使うしかない作戦ですね父ちゃん(*゚∀゚)=3

で、使えるだけのコマが揃わないまましゅ~りょ~(-_-)
最後は白鳥も雲に溺れて溺死したのでした・・・

では、ご覧くださいませ・・・使えるコマだけのお写真・・(-_-)

「クレセント星雲周辺・・・(・∀・)」

2017-5-28
SkywatcherBKP130OTAW(改)+HEUIBⅡ
GP2赤道儀(こたチューン)
Canon EOS kiss X7(レス改)
ISO1600 5分×10枚
奈良県 五條市 大塔

サドルのやや南にある「クレセント星雲」ですね・・・迷人会ではふたご座の「クラゲ星雲」を「タコ」と呼びますからこちらを「クラゲ」または「大きな口を開けたヘビ」と呼んでいますヽ(´ー`)ノ

本当は全体に白いガスのような、霧のようなものがあるようですが10枚では出ません。天の川の中ですし、星は問題なく星雲自体も撮って出しでわかるほど明るいですから何とかなった感じですね・・・

これも父ちゃんの「あさましい考え」に対するバチなのか・・はたまた当日ゴルフで来れなかった「父ちゃんの37年来の親友」の呪いなのか・・・

2人ともネタを稼げなかったので、実は心に「リベンジ」を秘め、和やかな顔をしながら朝焼けの山を下りたのデス・・・

さて、次回は実はこの日「白鳥さえも雲隠れ」したあと「1か所だけ晴れてる場所」があったんです「困った父ちゃんが薄明中に撮ったもの」とは・・・

乞うご期待デスヽ(´ー`)ノ
  1. 2017/06/07(水) 17:25:04|
  2. 父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

GP2の機材日記(*´σー`)                      12号機ヽ(´ー`)ノほか・・・

あ~いヽ(´ー`)ノ
いよいよ梅雨でしょうか? GPデス(*´σー`)

昨日父ちゃんが記事をアップしましたが、何とも字ばっかで愛想のない記事ですね
そこで今日はぼくが急遽、もっと見やすい記事をアップしますよぉ~

1月からずっと、ぼくのお友達を調整してる父ちゃん。
以前にもお話をしましたが、その機材たちがどういう結果を出したかを一番
待ちわびているのは父ちゃんなんですね・・・(実は自信ない・・・)

最近の報告を列挙するとですね・・・
4号機(EQ5)直焦点255mmAPS-Cノータッチ3分画像使用率100%
9号機(SPDX)直焦点420mmAPS-Cノータッチ2-3分画像使用率90%前後
となかなかの成績です。
7号機(SPDX)8号機(SP)も以前ご報告の通り、問題なく稼働中のようですよ
0号機のぼくはみなさんご存知の通りです

さて、そんな中、迷人会内北摂アストロ撮影隊TSUBAKI少尉の所のヤッタラン副長
から、先日の11号機(EQ5)のテスト撮影報告書が上がってきましたヽ(´ー`)ノ

撮影時にTSUBAKI少尉がどれほどの追尾が出来ているか、オートガイダーをつかってガイド状況を観察した画像です。


RAの1方向に4本補正のパルスが出ていますが、DECは一直線ですね。
ヤッタラン副長はかなり慎重に極軸を合わせてくれた感じデス。
バランスもきっちり荷重を載せてくれているのが、グラフからも解りますよ
これなら、3-4分ノータッチでも同じですね。
どうやら、チューンは成功しているようです。
この11号機のメニューは各ギアの調整とモーターのギアシャフトの調整、
極望の調整と照明装置と追加です。
よく「EQは中華な廉価機材なので・・」という方に出会いますが、赤道儀ですから
調整次第では、このくらいは行けるという事ですね
副長の撮像筒・レンズならノータッチで十分いけそうです。

ただ、使用者のお仲間さんは、ちゃんと水平出し・極軸合わせ・バランスの基本項目を念入りにやってくださっての事ですから、まずそこが良いのでしょう
でないと、どんな高級な機材も役立たずですもんね

さて、お次は父ちゃんの親友みっさんさんです。
以前にEQの本体(シンスキャン)の電源ジャックが接触不良で・・・
って記事にしましたが、最近ついに完全お釈迦になった模様・・・
父ちゃんみっさんにお願いされて、打開策を考えます。
要は本体側のコネクターパーツの中、センターピンの内部で接触不良・・
このパーツはもう使えません。
で、基盤の裏を観察するとこのようになっています・・


ここに配線して本体のどこかにDC-inのソケットを増設しましょうヽ(´ー`)ノ
一所懸命老眼鏡をずらしながら「はんだ付け」する父ちゃん・・・
わずかなクリアランスを発見し、ソケットを増設です(・∀・)b


そして、でんげんおーんヽ(´ー`)ノ
無事に起動したようです。後日引き渡し後みっさんさんから「問題なし
ご報告来ました・・・
いずれは、ぼくのもこうした事をしないといけないかもしれませんね(-_-)

最後は盟友おりおん提督です。
提督の所にはぼくの兄弟がいますよ。最近、風来坊さんから譲りうけた
GP2guidepack君です。
この前「蠍座中心」をTSUBAKI少尉のEF100mmLレンズで綺麗な画像を叩き出した
ぼくの兄弟ですが先日父ちゃんと提督が一緒に遠征した時、調子を崩したんです
40mmパンケーキで数十秒でも星が流れます・・・
コントローラー・モーター・極軸据え付け異常なし・・・

GP「父ちゃん・・直してあげてよぉ~

「うむ、GPがこんな精度なわけないな・・固定の方がマシなくらいだ・・

どこにも異常がないのにこうなるという事は、体の中の不具合のはずです。。。
GP界のブラックジャックと言われる(嘘)父ちゃんのオペが必要デス
   ⇧誰も言わない(笑)

提督に了解を頂き、父ちゃんはぼくの兄弟をお持ち帰りですヽ(´ー`)ノ

まず、モーターを外します・・・異常なし・・・
次にウォームギヤブラケットを外します・・・うん、少し回転が重いしムラがある
ここはインサートロックの調整で回転が滑らか、且つ横方向のガタが出ないように
調整しましたよヽ(´ー`)ノ
ウォームホイル・・・異常なし・・新品のような輝きですヽ(´ー`)ノ

そして、最大の問題点がこの後にありました・・・
ブラケットを外すと極軸体はウォームホイルがついたままでもフリーになります。
支えは2か所のスリーブ部だけです。いかにベアリング無しとはいえここは
「クルンクルンになるはずですが・・・やたらと重いんです・・・
手で「ぐい~」っとまわさないと回りませんよ・・・おかしいデス。゚(ノД`)゚。

父ちゃんはすかさず、軸体を極望側で固定しているナットを調べます。
このナットは「ガタなくスムーズに軸が回転する」状態でその位置を固定するため、側面に3か所イモネジがあります・・ 試しにこれをほんの少し緩めると・・・
「クルンッ
おおヽ(´ー`)ノ 回りました
どうやら、元々ネジ山の山部分に当たっていたイモネジが、何らかの拍子に
北側(締め付け側)の谷に落ち込んだのが原因で、ロックナットを締めこんだようになっていたようです。このせいで回転が渋くなりモーターがやや遅れ気味になって星が流れていたようですね(・∀・)b
これが原因と判断した父ちゃんはその後ウォームホイル・ギヤの調整と、モータとの平ギヤの隙間調整をして、guidepack君を元に戻します
最後に極望の確認ですが・・・
南中位置が東に5度ほどずれています・・・
なるほど、ちゃんと追尾していた頃でも望遠レンズだと3分止まり・・・って提督が言っていたのは、これが原因ですね(・∀・)b
調整です。最後偏心を確認してでき上りましたヽ(´ー`)ノ

で、ですよ・・・提督はお仕事でなかなかguidepack君をお迎えにこれません・・
翌日guidepack君の出来上りを確認していた父ちゃん・・・・
なにやら構造上の隙間を見つけたようです・・・(-_-)

「いかん! またなんかやり始めるよこりゃ・・・」

で、・・・・・


ほらね・・・頼まれてもいないのに・・・
新型のPFIですね・・・(GP/EQ5用)
元々単純な構造の上、部品点数も大きさもさほどでもありません。
すっぽり嵌る直径で作成しても、その上に部品が配置できればいいんです。
以前作製のものより直径で2センチ以上小さいデスヽ(´ー`)ノ
部品そのものを加工せずそのまま組み上げた「簡易式」ではありますが、
部品・機能は全く同じです・・当たり前ですが(-_-)


で、完成ですねヽ(´ー`)ノ
ぼくの兄弟、GPguidepackこたチューン12号機です(*´σー`)
きっといい仕事しますよヽ(´ー`)ノ

提督さん早く迎えに来てあげてねぇ~ヽ(´ー`)ノ

次回、またまた遠征記に戻ります(・∀・)b
乞うご期待ヽ(´ー`)ノ

  1. 2017/06/03(土) 15:10:43|
  2. 機材など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

こたろうのお役立ち情報ヽ(´ー`)ノ                     梅雨時のメンテについて(・∀・)b

みなさんこんちは(゚∀゚)
こたろうですヽ(´ー`)ノ

いよいよ鬱陶しい梅雨がやって来ますね(-_-)
でも、ここは日頃「酷使してる」機材たちのメンテのチャンスでもありますョ!

ぜひいたわってあげてください。

さて、日頃迷人会内部にてメンバーの機材を調整させていただいている私ですが、
本日はまた赤道儀のメンテについて徒然なるままに書きたいと思います。
先にお詫びです。今回は初歩的なお話デス。なので機材のメンテが得意な方、ベテランの方々にはあまりお役には立てませんm(__)m
また写真も図解もなく文字ばかりですので、その点お許しをお願いしますm(__)m

うちの迷人会にはノータッチガイド専門の方が数人おられます。
ほとんどの方の赤道儀は私が調整をさせて頂いたのですが、露光時間の長短はあるものの、ほぼ8割。良い時で100%の歩留まりを叩き出しています。ノータッチと言えど、カメラレンズではありません・・・
1人は400mm越えをAPS-Cで、また一人は255mmを同じくkissで。つまり直焦点な訳デス。それで歩留りほぼ100%・・・ 風などの要因は除きますよm(__)m

そんな中に、「時期提督」と噂されるほっそんさんというルーキーがいます。
彼はいままでフルサイズ換算300mmをポラリエで、最近はFS60CBをAP赤道儀に載せフォーサーズで3分越えを多枚数というスタイルでこなしてきました。
そんな彼のAPにTSUBAKI少尉がオートガイダーを付けてみたら・…
「ほとんど補正無のガイドが出来ているんですヽ(´ー`)ノ」
つまり、3分程度ならオートガイドしてもノータッチでも同じ!というわけです。
この正確な赤道儀の動きは「据え付け」に秘訣があると私は思っています。

そこで、今回は簡単な赤道儀メンテの「ポイント」みたいな事をまとめてみたいと思います。

赤緯
ここは出来るだけバックラッシュが出ないようにウォームホイルとギヤを調節します。オートガイドの場合ここの遊びが多いと、補正時に行ったり来たり、または補正が遊びに吸収されて思ったように補正されずガイドが暴れます。
ただし、鏡筒を載せるとギヤが詰まる可能性がありますから、必ず鏡筒を載せて確認する必要があります。当然ノータッチガイドの場合は関係がありません。
自動導入時にやや誤差が出る程度です。
また、モーターとウォームギヤを繋ぐ平ギヤの間隔もあまり「ギチギチ」に詰めるとガイドに影響が出ます。これは平ギヤにも偏心が存在するからデス。これらは赤経も同じです。

赤経
ここのウォームホイル・ギヤ間は少しオートガイド時の動きが違いますよね。
赤緯は「正転・逆転」の動きをしますが、恒星時追尾をしている赤経は
基本「進む・止まる」です。
144歯のウォームホイルの場合10分に1回転ウォームギヤが回り、ホイルの歯を1つ進めます。つまり10分でギヤは1回転ホイルは10分で1歯進む訳デス。
で、このギヤ間はやや遊びを残して調整するようにしています。
オートガイド前提ではそうでもないですが、ノータッチの場合10分に1回回転するウォームギヤの偏心(ピリオディックモーション)の影響を受けるからデス。
ギヤが詰まる方向になっていくため、例えば3分露光だと1/3がやや遅れ気味になります。(ただし遊びを残した場合は東荷重が前提)

極軸望遠鏡
極望が最大の問題です。今年に入り7台の仲間の赤道儀のメンテをさせて頂きましたが、これが正確に合っているものは1台もありませんでした。中には「メーカーで調整したのだ」というものも含まれています。
むろん電子極軸望遠鏡やその他の方法で極軸を追い込む方は問題ないですが・・・
極望を使う方で「星が上手く止まらない!」「なんかガイドが落ち着かない!」という事で預かったものは、すべてこれが最大の原因のようです。冒頭で「ほっそんさん」のお話しを出したのはここを言いたかったからデス。すこし極望のポイントを上げてみましょう。
偏心
赤経をグルグル回して、視野中心がずれないかを確認します。これがずれていると、極望は何の役にも立ちません。
南中位置
大概の極望は天の北極(視野中心)と北極星導入位置とがあります。
概ね、東経135度10月10日午前1:20に合わせると正像で視野中心の真上に北極星導入位置がこなければなりません。これが狂ってる場合も多かったです。
経度差目盛
ビクセン・EQ・スカイメモS等には経度差目盛があります。
自分の観測地は東経135度からどのくらいずれてるかを補正するための目盛なんですが、赤緯体を回しているうちに月日目盛の「皿」が勝手に回ることがあり、ここがずれているのに気づかず極軸を合わせている事も多いデス。
極軸合わせの時は必ず都度確認する必要があります。
ズレていれば「全く違う観測地で極軸を合わせている」のと同じですからね。
月日目盛の皿は手で回せますから、指標と観測地の誤差を合わせます。

極望は、1偏心・2南中位置を調整の上で、都度据え付け時の経度差確認を必要とする訳デス。

迷人会内でもガイドが上手くいかないと「ソフトのパラメーター」をすぐいじる方がいますが、それを行う前に時間を見つけてまずこれらの基本部分を一度見直すこともいいのではと思います。梅雨ですしね・・(-_-)

あとは、鏡筒や赤経のバランスですかね・・
これも基本中の基本ですが・・・
あと上記の赤道儀の場合「目盛を0時に固定するネジ」があるはずです。これはガイド時は必ず緩めてください。「目盛がグラグラになるやん」って思うでしょうが、それでいいんです。そういう構造なのですから。
試しにガイドが上手くいってるときに、このネジを締めてみてください。
暴れますから・・・(-_-)

さて、いかがでしたでしょう?
梅雨は鬱陶しいですが、こんな時期こそモチベーション維持のため愛機のメンテですよ! そうすれば「ポチ病」感染は防げるのではないでしょうか(笑)

追伸
撮影時・操作時「締めて使うもの」ネジ・クランプ類は「保管する時緩めておく」は基本です。これは赤道儀だけでなく機械類は皆同じですヽ(´ー`)ノ
  1. 2017/06/02(金) 15:58:01|
  2. 機材など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

プロフィール

こたろう

Author:こたろう
迷人会のこたろうです!

訪問者様

Windy

お天気!!

天体写真ブログ村

ポチっとお願いしたします。

Dragon radar!

大爆笑!天文ブログ

おもしろ検索サイト

こちらもどうぞ!

天文リフレクションズ

迷人会工房

お取り扱いはこちらm(__)m

大阪あすとろぐらふぃ~迷人会

LINEスタンプ

天文あるあるスタンプ。

お取り扱いはこちら。

UNIQLO UTme!

オリジナルウェア!

お取り扱いはこちら。

迷人会工房Blog

工房のブログへはこちらから!

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

カテゴリ

父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記 (154)
機材など (88)
父ちゃん語る (12)
天体写真など (29)
あすとろぐらふぃ~迷人会 (34)
画像処理みたいなん (3)
父ちゃんのカメラ講座 (3)
こたろうデザインgoods (2)
ツール (1)
その他 (26)
未分類 (11)
ももとじいじのお部屋 (9)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック