FC2ブログ

こたろうさんのブログ

父ちゃんとGP2の奮闘記 evolution series3









父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記ヽ(´ー`)ノ               撤退・・・(;ω;)

あ~いヽ(´ー`)ノ
もう体がなまって仕方ないGPデス・・(;ω;)

それは木曜の朝でしたね・・・
父ちゃんLINEだよ・・・
父ちゃんが開けてみるとそれはおりおん提督からデス(・∀・)

「今いますか

「なぜかいますョ

で、提督さんが御用でやって来た訳デス。

ちなみにこの日GPVは「ドン曇り」って言ってるんですが、実際の空は

「雲一つないど快晴!」

提督さんは空を見上げて、恨めしそうに父ちゃんに言います・・

「これだけ予報外したら、晴れませんかね?もう3か月ボウズですよ・・

それは父ちゃんも同じです。

抜けるような爽やかな青空を2人は見上げて恨めしそうにしてるんです・・・
どうやら、提督は夕焼け熊五郎さんと遠征予定しているようです。

「夜にはまた曇るでしょう・・(-_-)」

そう言って、提督さんは帰っていきました・・・

さて、父ちゃんはといいますと、それからソワソワしています・・

「晴れそうな気もする・・曇るかもしれん・・・

まるで、恋する乙女の花占いです・・

提督たちは鶴姫に行くようです。
KAZU森さんは早々「生石高原」へ行くと発表し、それに呼応して翌金曜に休みを取っていたにどすけ君も「生石遠征」を表明。

次の日が仕事のみっさんさんは、より近いふれあい公園への遠征を・・・

さて、夕方まで悩んだ父ちゃんは、ついに電話をかけます・・

「ああ。。提督。。大塔いきますわ・・(・∀・)」

すかさず提督・大王コンビも大塔遠征に変更です。
787bさんも仕事上りで駆けつけることに・・

では、父ちゃんれっつらごー

道中「真っ青な快晴」が続きます。
これはGPVの大外れでしょうヽ(´ー`)ノ

で、暮れかけた大塔到着(・∀・)b
ぼくは3か月ぶりに組み上げられたのでした( ・`ω・´)b

提督コンビがこられてすぐに、地元のおじさんが様子見に来られましたよ。
「熊? そんなんいっぱいおる・・(-_-)」
「白いカモシカもおるぞ」
787bさんも含め全員ビビりモードに・・・(-_-)

いつになく大王の「徘徊も今回は少ない」ような・・・

それでも、日が沈んだ大塔には久しぶりのギンギンギラギラ天の川が・・・
3か月のブランクを空け提督・大王・将軍の三名は各々の対象に向け、シャッターを
切り始めますヽ(´ー`)ノ

父ちゃんは先日チューンした大王のスカイメモSの様子と、セッティング具合をレクチャーしています。
どうやら、調整はうまくいってるようで、操作時に極軸をずらさなければ大丈夫そうです。

さて、このまえ不具合の調整をした、提督のGPガイドパック・・・
三脚も新品になって、お目見えですよ・・・

「あかん・・・やっぱり流れる・・・
「えぇ~(-_-)」
「あっ クランプ締めてなかった・・

50歳を過ぎた父ちゃん達には、何もしない3か月は長すぎたようです・・(-_-)

と、ここで1台の車が現れます・・・
3人の若者が載ってますよ(・∀・)

「天河に合宿来ている〇大の天文部のもので~す
「いつもは備前市に良く行きます。八塔寺って知ってます?」

「うむ。先週そこの星を見る会の理事さんと一緒だったよ。。

「エッ! 誰だろ・・・

「〇田さん・・・

「ああ・・・・・・・大阪に勉強会に行くっていってました~

「いっつもすごいお世話になってるんですよ(*´∀`*)」

どこでつながるかわかんないもんですねえ((´∀`))b

「たくさん来ているの?」
「はい男子ばっかですが、みんなバーベキューで飲んで寝てます・・・

「おいおい天文部が夜酒飲んで寝たらあかんやろ・・・・(-_-)」

そういう父ちゃんも先週の合宿では10時から朝まで爆睡してたわけですが・・・

さて、第1対象目ISO1600で5分を24枚指示されたぼくは、いつもの調子でガイドをこなしていきますよ・・・

ただ、なんか様子がおかしいです。さっきまでのギラギラ天の川がどんどん薄くなっていきます・・・(-_-)

父ちゃん・・・雲があるよ・・見えないけど・・・(;ω;)

試しに提督が固定で空を撮影・・・

空全体に雲が・・・・。゚(ノД`)゚。

しかも、まったく動きません

途中、体に感じる程気温が下がった時は小康状態に・・・
すかさず父ちゃんは追加の露光10枚をぼくに指示します( ノ゚Д゚)

ここから新規の撮影は危険です。雲の通過分を含め今の対象を撮り増しして、
なんとか1対象をGETする方が良いと父ちゃんは考えた訳デス。

しかし・・・
無情にもどんどん雲は厚さを増し・・
日付が変わる頃には、ついに撮影不能に・・( ;∀;)

かろうじて繋がる電波を頼りに、生石の2人ふれあいのみっさんと連絡を取ります。
どうやら、どこも同じ状況のようですね・・・(-_-)
翌日仕事のKAZE森さん・みっさんは撤収に入ったようです・・(-_-)

そして、大学生の口から追い打ちをかけるような証言が・・・

「ぼくたちが通過してから168号線通行止めです。朝の5時まで・・・

・・・・・(-_-)

「でも2:15から15分だけ解除時間があります。ぼくたちもそれで帰ります。」

って、後2時間・・・・
どないせえって・・・・・・・(-_-)

しかたなくゆっくり、撤収にはいる面々・・・・

そして1:40全員大塔を後にしたのでした・・・

さて、帰ってからが大変です。
まず明け方前に撤収しましたから「フラットがありません」
でも確か5月29日の撮影分は、同じカメラの回転角・光軸もズレてはないはず・・・

気になった父ちゃんは、さっそくフラットをあてます・・・

「ホッ・・・
「フラット合うよ・・・ヽ(´ー`)ノ」

でも、ほぼすべてのコマに雲が映りこんでいる様子です・・・。゚(ノД`)゚。
でも枚数が足りませんから、よほどカウントの低いコマ以外は使います。
撮影34コマ・・使用23コマ・・・(-_-)

強調すると、バックに変なムラ・・・
薄雲有画像が混ざると必ずそうなりますね。眠いし、露光時間が単純に半分になったような荒れ具合・・・色バランスも変・・・(-_-)

まあ、それでもなだめすかして父ちゃんは1枚の獲物を料理します・・・

それではご覧くだチャイヽ(´ー`)ノ
3か月ぶりの天体写真(・∀・)b

「NGC7380・・・鳳凰星雲・・ヽ(´ー`)ノ」

2017-8-24
Skywatcher BKP130OTAW(改)+HEUIBⅡ
GP2赤道儀(こたチューン)
Canon EOS kiss X7(レス改)
ISO1600 5分×23枚
奈良県 五條市 大塔

広い画角の直焦だと、おまけで写る「鳳凰星雲」です(・∀・)b
最近「天体写真の世界」の吉田さんところで画像をみて、単品でとろうと思っていた父ちゃんです。
もしすっきりした空で撮れていたなら、もっと面白い構造が見れたかもです。。
色も結構父ちゃんの好きな「青の混ざった場所がある」感じの対象です(・∀・)

このあと、M31も試写しましたが、ボケボケでした・・・
今回は敗北・・・・
お空の事です。仕方ないですねヾ(・д・` )

さて、気を取り直して次の晴れを待ちましょう(・∀・)b

それではみなさんごきげんよう(T_T)/~~~


  1. 2017/08/26(土) 16:30:53|
  2. 父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

迷人会キャンプin白浜2017ヽ(´ー`)ノ

あ~いヽ(´ー`)ノ
って、今日はGPではなくです(・∀・)

みなさん、こんにちは
こたろうです。

今月19日-20日の日程にて「南紀白浜」

「迷人会キャンプin白浜2017」

が開催されましたヽ(´ー`)ノ


白亜の「温泉&プール付き別荘」にて開催されましたヽ(´ー`)ノ

さて、メンバーの皆さんはというと、以前から計画されていたことですので、
ずいぶん前から独自のスケジュールを立てて行動開始デス(・∀・)b

まずTSUBAKI中尉率いる部隊(ヤッタラン副長・ええじ航海士)の三名は
銀次H野さんと、にどすけ准将を交えて「すさみ」へ前日夜入り(-_-)
撮影後、仕事の為H野さんは大阪へ帰宅。にどすけ君は夜の宴会用のお魚を調達に
フィッシングへ・・・
TSUBAKI・ヤッタラン・ええじの三名は早くも会場の近くで待機です。
早朝787bさんと合流の上会場入りヽ(´ー`)ノ

「温泉&仮眠タイムです」

私はというと夜明け前に自宅をでて、せっかくの南紀行きですから、紀伊半島の山間部を下道でドライブです

あぁ・・・もう一人・・・岡山本部長「道端小石さん」もですねえ・・
前日夜入りして「名勝千畳敷」で星景を撮影のはずです。

私が到着したのは、にどすけ君がほぼボウズ状態で到着とほぼ同時でしたね。
で8:30現場入りした訳デスヽ(´ー`)ノ

別荘に入ると「腰だけタオル」のヤッタランさんがお出迎え(-_-)

さっそく「画像処理勉強会」の会場設営に入ります。
PCをセットしたところで、さっそくなにやら「ごにょごにょ」画像をいじり始める面々・・・「熱心ですねえ・・・


このあと、おりおん提督が京都の悠々遊さん同乗で到着です。
提督のおうちの100インチスクリーンプロジェクター設置にかかります(*/∀\*)



セットが終わった上で、2チームに分かれます。
宴会買い出し班、会場整備班ですヽ(´ー`)ノ

私は提督と悠々遊さん道端小石さん787bさんの5名で買い出し(・∀・)b
「とれとれ市場」へ向かいます



お魚・お寿司等々・・・どっさり買い込みます
お魚は、アコウ・ヒラメ・柵取のセットを購入・・・
私はすでに宴会モード突入・・(笑)

で、帰るとですね、一人増えています・・
KAZU森さんですヽ(´ー`)ノ

夕方までのメンバーは揃いましたので、軽く昼食後いよいよ画像処理講習会開始

今回のメインのお題は、道端小石さんの「NGC7000」ですよ(=゚ω゚)ノ

特に「何をどうしていいかさっぱりわからん・・(-_-)」と言われる
ステライメージでの元絵作りから今回はスタートです。
ダーク・フラットからコンポジット・・Photoshopへ渡すまで
講師おりおん提督ですヽ(´ー`)ノ



とここで問題発生・・(-_-)
会場が明るすぎて、プロジェクターでは細かい部分が見えません・・・
急遽会場に据え付けてあった「世界の亀山モデル」の出番です・・

さすがに皆さんノートでメモしたり、その場でPCでメモしたり・・・
わからないところは「即質問・即回答」です・・・
さすが、飲んでいないおりおん提督です。わかりやすく質疑応答を交えながら、サクサク進行していきますよヾ(*´∀`*)ノ
この後、反動からか「暴走」するなどこの時は誰も想像しておりません(笑)

その後私がPhotoshopCCでバトンタッチ・・・最終まで仕上の解説をさせて頂きました。
自分の画像が変わってゆく様をマジマジ見ていた道端小石さんは、都度、
「それ!その状態でレイヤーごと保存して!!!」
と、全部の行程をお持ち帰りするつもりですね・・(笑)

そして終了の5:00です。いやいやみなさんお疲れさんでしたm(__)m

おりおん提督は、即海パンに履き替え「プールin!」
暴走の始まりです・・・(-_-)

私は以前から小石さんにお願いされていたイプシロン・787bさんのBKP200の光軸調整を行います。
(なんか、光軸は和歌山で調整しないといけないようです・・(笑))
この段階で有田の爺さんが登場です(・∀・)

そして、宴会突入ヽ(´ー`)ノ




私は、カルパッチョとアコウのアラでお味噌汁を作りますヽ(´ー`)ノ

787bさんの天体初めの話や他の方の話題で盛り上がりますよ(・∀・)b

と、ここでおりおん提督が行方不明に・・・・どうやら隣の部屋へ行ったようです。

あっ!気配がしてきました・・・
「おりおんさん、どこ行っとた・・・・・・(゚∀゚ノ)ノ」



・・・・・・・・・(-_-)
へ・変態・・・・(-_-)

この衣装アマゾンだそうですが、パンストは提督の奥様が
「下は白でないといかん!!」って買ってくださったそうです・・・( ・`ω・´)



望遠鏡のカタログ表紙になりたいようですね・・(笑)
むろん全員大爆笑なのはご想像の通りです(笑)(笑)(笑)

で、この日の記念写真ですが・・・・



当然こうなります・・・(;ω;)

でこのあと、私は疲れて爆睡・・・
ええじさん・有田の爺さんは2人で「すさみへ」
他の方々は、庭のプールサイドや千畳敷で星景撮影です・・・・

提督がこのままの格好で「名勝千畳敷」へ行ったかどうかは、内緒です(笑)

夜遅くにみっさんさんが駆け付けた事を、爆睡中の私は知りませんが・・・
(朝起きたらおった・・・)

そして、朝。
すさみに行った2名はまたも銀次H野さんと遭遇ヽ(´ー`)ノ
帰り風呂でも入って行ったらいいのに・・・
787bさんも急用で早朝に帰宅。。。有田の爺さんも仕事があるので帰宅。。。
私が寝てる間に、2名減って1名増えていたのでした・・・(-_-)

近くのコンビニへぞろぞろ買い物に行くおっさん・・・
朝食後、入れ替わったメンバーで2日目の記念写真・・・



はい2名減って1名増えてますね・・・(笑)

この後、全員で会場の清掃・ゴミ出しをきっちり行い解散となりました。
往復760km道端小石さんお疲れ様でした。
京都から岸和田まで電車だった悠々遊さん有難うございました。
会場の段取りしてくださった世話人787bさんご苦労様でした。
メンバーの皆さんおつかれさん。
実りある週末を過ごせたと思っていただけたら最高なのですがヽ(´ー`)ノ

今後も開催していきたいと思いますので、その時はよろしくお願いします。

で、たっぷり睡眠をとった私・・・・
午前中に帰宅できればいいので、またもや快晴の空の下、大好きな山や川の景色を見ながらドライブです(笑)







いやぁ~・・・楽しい2日間でしたヽ(´ー`)ノ

おしまい
  1. 2017/08/21(月) 09:41:08|
  2. あすとろぐらふぃ~迷人会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24

父ちゃんの機材memo(・∀・)b                 シンタ製極望の不思議(-_-)

あ~いヽ(´ー`)ノ
晴れないままにお盆ですよ・GP2デス(*/∀\*)

さて、何もすることない父ちゃんですが・・・
昨日の検索ワードに「スカイメモ極望」ってのがありまして・・・・
スカイメモSを含む、skywatcher等の極望に関して何度か記事をあげている父ちゃん。
訂正を兼ねて、少しまとめておこうと思います。

極望の中心の誤差である「偏心」に関してはほとんどの場合、中のレチクルを固定する三点のイモネジで調整するのは、ほぼどこのものでも同じです(・∀・)b

今日はその後の調整について書きたいと思います。
(日時目盛で導入位置を割り出してセッティングするやり方の・・ですよ)

まずですね。経度差目盛を0にするんですよねヽ(´ー`)ノ
で、10月10日午前1時20分にします。この時極望を覗けば・・・


ビクセンの極望は必ずこう見えるはずです。
極望も上下左右像が逆のはずですので、実際は中心の真上に北極星の導入位置がきます。
では、シンタ社製の極望(スカイメモS以降・skywatcher等は・・・)



もし、こうなっていれば中心の実際の真上、つまり6時と同心円の交点部分が
北極星導入位置な訳デス。
なぜか、シンタ社の極望は6時のものと0時のものの2種類が存在していました。
(父ちゃん確認済み)
シンタ社の極望をお使いの方はぜひともここを確認して、ご自分の極望の導入位置がどこなのかを確認してみてください。3時や9時もあったりして・・(笑)

「いやいや・・私のは真上に来ないよ・・・(-_-)」

という方がおられましたら、導入位置がずれていますので調整をしなければいけません。

シンタ社の極望の場合はアプリによって導入位置を知ることが出来ますが、その場合も0時・3時・6時・9時は正確に上下左右に向いていなければいけません。
アプリを使う場合もレチクルを正確にそのようにするため、わかりやすい位置で
そうなるようにしておいた方が良いでしょう。

それでは、南中位置調整の方法です。

1 まず遠くのまっすぐ立っているものを極望の視野に入れます。

2 クランプを緩め極軸そのものを回し上の図のようになるようにします。
(鉄塔やビルを使い垂直を合わせる訳デス)

3 クランプを固定します。

4 極望の月日目盛(お皿のようなもの)のみをそっと回し10月10日の位置を午前1時20分と合わせます。
(指でそっと回すと目盛皿のみ、じわっと回るはずです)

これで、南中位置が10月10日午前1時20分になりますね。
レチクルはまっすぐ向いて、南中位置は中心の実際の真上(極望の見かけでは真下になっているはずです(・∀・)b)

でもここで終わりではありません。
日付目盛皿を回すと「経度差指標」はずれているはずです(-_-)



これはGPの写真ですが・・・
昔のなので10月10日午前1時10分になっていますが・・・1時20分で指標線が0を指していなければなりません。

先ほども言った通り、日時の目盛皿を手で回した場合、必ずこれはズレますので、最後にこれを0に合わせます。

5 指標線の入っているリングには必ずどこかに「イモネジ」があるはずです。
(六角レンチ型、マイナスネジ型両方のタイプがありますが・・・)
レチクル固定ネジと間違わないでくださいネ・・

6 これを「結構緩め」ます。
(少し緩めたぐらいだとスムーズに回転しない場合があります)

7 レンチ等を刺したままじわっと回すと動くので
指標を経度差の目盛の0に合わせます。(この時月日目盛が動かないよう注意です)

8 10月10日午前1時20分。経度差0でレチクルが最初の図のようになっているのを
確認の上でイモネジを締め、固定します。

これでOKです。
使用の時は、

1 日時を合わせた時、必ず経度差は確認。
(手で回るくらいですから、狂っている場合が多いデス)

2 経度差を確認後日時を合わせて導入してください。

例えば近畿でWへ5度狂っていたら九州辺りで極望を合わせてるのと同じですからね

この目盛り(正確には月日目盛は勝手に動きますから都度確認が必要デス)
ビクセン系、シンタ系で、いつもは良好なガイドの赤道儀がどうも暴れるな・・・と言った場合、まずここがずれていないかを見る事も大切です。

来週末から夜の天気が安定しそうです。
ぜひ、みなさん今のうちにチェックして、本番現場でトラブルなく順調に撮影できますようにヽ(´ー`)ノ

追記
ただ、北極星も動いていきますから(歳差誤差)実際の中心の真上に来なければいけないのはその年の歳差補正をした北極星の導入位置かもしれませんね?
ああ、でも昔は1時10分だったものが20分になってるからこれが「歳差補正」ですね(・∀・)b
  1. 2017/08/13(日) 13:46:18|
  2. 機材など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

父ちゃんの機材日記ヽ(´ー`)ノ                   skymemoSをいじる・・・(・∀・)

あ~いヽ(´ー`)ノ
父ちゃんも台風も迷走ちう・・・GP2デス(-_-)

さて、本日は父ちゃんの機材日記ですよ(・∀・)b

まず、本題に入る前に、以前調整したおりおん提督のGP2guidepackなんですが・・
先月末、熊五郎さんと出撃したおりおんさんから、深夜ラインが届きました・・
「恒星時追尾せん・・(-_-)」
「ご一緒した有田の爺さんのコントローラー繋いでも動かんの・・・(;ω;)」

本体は、間違いなく調整できています。ってことはモーター本体
い、いや・・・動いていたような気がする・・・
でも、コントローラー変えても一緒って事はやっぱモーター

責任を感じた父ちゃん、翌々日には再度guidepack君を引き取り、早速チェックを始めたんですね・・
モーターを外し、コントローラーに繋いで様子を見ます。
32×では正逆転しますね。恒星時追尾もモーターの動いている音がしますョ。
でも「回転しない・・・・」

MT-1を分解。中の1/120の減速ギアも外しモーター単体で様子を見ます。
「動かん・・・(-_-)」
検証結果を提督に報告した父ちゃんは、即「日本パルスモーター」にメールを送り同じようなモーターが入手可能か問い合わせするとともに、星仲間のGP使用者さんに
「MT-1余っとらん?」
って連絡を取ったんです。。。(・∀・)

こうなると、モーターが手に入るまで何もできません・・父ちゃんはビールを飲み始めたんですよ・・・
「いっぺんワシのコントローラーもつないでみるか・・・」って気がおきて・・
繋いでみますと・・・
「動くじゃないですか・・・・・(゚∀゚ノ)ノ」

さて「どう違う???」って今度は観察をします・・・
そしたら、父ちゃんのコードのカプラーは「根元までズッポし入る(・∀・)b」のに対して、提督のは数ミリ浮いていますね・・・それ以上奥には入りません・・

「ま・まさか・・・・」



(-_-)・・・・・・

という事でした・・・
暗闇でまっすぐ刺すのは難しいですね・・曲がったピン(黄丸)が邪魔して他のピンが導通不良です・・・おそらく有田の爺様のコントローラーも同じなんでしょう・・
ちなみにこの黄・赤のピン2本「未導通線」です。刺さらなくても問題が出ません。
導通線なら真っ先に疑う症状が出てたはずですが、他の線が微妙に導通していたため、また2台のコントローラーで同じ症状だったため、発見が遅れたんですね。
こんな風に「単純な所から疑う」のが不具合箇所発見の近道ですね(・∀・)b

さて、タイトルのお話しです。
同じ日、提督と出かけた熊五郎大王様からメールです・・・
「撮影コマのほとんどが流れており、点検してちょー(・∀・)」

うーん。。。skymemoSかあ・・・・ ポタ赤の場合、ガイド不良の原因は
極軸が合っていて、追尾機能に問題がない場合、バランスか導入時に極軸ズレを起こしたかのどちらかなんですね・・・・

ただ、極軸精度・ギヤのガタ等を拝見していませんから、まずチェックをさせて頂きましょう。ってことで、父ちゃんは預かることにしました

skymemoSといえば、何人かの方が発売当初「ギヤがガタガタでオートガイドポートなんてあっても使い物にならん・・・」ってレポートされていました。
父ちゃんも動画で拝見したことがありますが、驚くほどのガタガタぶりです。

あずかった熊五郎さんのスカイメモ・・・ 恐る恐る分解してみますと・・・

「動画で見たのとギヤの形状が違っていますよ(・∀・)」

しかも、まったくガタがありません(゚∀゚ノ)ノ
1時間ほど恒星時で動かし様子を見ていましたが、駆動系統には問題なさそうです。
他はというと・・・・


クランプを外したところですが・・・ ベアリングがありますね・・ただしこれ、
極軸の回転のためのものではなく、クランプのためのものです。

「どっかで見た構造だなあ・・・・

「あっ! リールだ・・(-_-)」

はい! 釣りのリールのドラグ機構そっくりです(笑)
こんな風に全体が揺れるような操作性だと、構図を変えるたび極軸が狂う可能性が高いですね・・・
それでは、操作性を出来るだけ簡素にガタが出にくいように調整していきましょう

クランプ以外本体には問題ないのであれば、極望を疑います。

「案の定、偏心・南中位置ズレです・・・」

極望を調整し「本体はこれで問題なし」オートガイドかましても、きっちり補正できるでしょうヽ(´ー`)ノ

操作性をアップさせるため、父ちゃんはオプションパーツも確認します。
まず、これ!


赤緯ユニットですね(・∀・)
クランプ機構は全く同じです。ウォームのようなものが微動装置として入っていますが・・・
「油脂類がついていません・・・(-_-)」
しかも硬くて動きません・・・ 各パーツの穴もずれています・・・
完全分解です・・(笑)
グリス・オイルを入れて、ウォームの当たりを調整するネジを見つけた父ちゃん・・
本体以上の時間をかけて、調整していきますヽ(´ー`)ノ
で、なんとか「本来、こう動くはずだ!」ぐらいまで調整を行いました。

さて、つぎはこれです・・・(-_-)


水平・高度微動ユニットですね(・∀・)b
これも「現地で操作するにはポータブルとは言えないよ・・」的な場所があります。
水準器の左右にあるこのM6・L15のネジですが、これどうやって使うのでしょうか?

2本とも外すと台座が分解します・・(-_-)
つまり普通の赤道儀でいえば三脚の「赤道儀連結ボルト」な訳ですが、
これをしっかり締めると「水平微動は動きません
現場で水平微動後、六角レンチで締めるのでしょうか?
ナイロンワッシャーがある所を見ると、ギリ締めこんでかろうじて動くような状態で使用するのでしょうか?
たしか、最近発売されたセレストロンの大型赤道儀もこんな構造でしたね・・・
ポータブルだからといって、こんな所をポータブルにしてはいけません・・(笑)

現場使用者が出来るだけ動かしてもズレたり、ぶれたりしない様に設計しないと・・
なので、ここも改良です(・∀・)b


ノブ付きネジ+スプリングワッシャーです。
これで微動後手でしっかり固定できますヽ(´ー`)ノ



と、いう事でNo15号機です。熊五郎さんが現場で工具なしに操作して、出来うる限り、極軸がぶれないように改良をしました

で、父ちゃんがskymemoSを調整して「こうするべきだ!」についてまとめますと

1 水平高度微動ユニットは記事の通り。
2 三脚はかなりの強度の物を使う方が良い。
3 赤緯ユニットは「微動装置の調整ネジを締めこみ殺す」
4 3の代わりにパノラマヘッドを載せる。
5 アルカスイス規格のロングプレートでカメラ・レンズのバランスを取る。
6 極望は要チェック。
7 カメラの縦横構図はレボルビング又はLブラケットを使う。

これだけ対策すれば、かなり現場でのズレなどが起る危険性を回避できると思います。

今のポーターブル赤道儀は「お手軽」ではなく「簡略してあるからその部分は使う人頑張ってね(笑)」という機械である事を覚えていてください。

実際に設計した側が現場でテストすれば、少なくても「こんな組み立て」はしないはずです。少なくても「動くようには作られてはいる。」のでご使用の皆さんでご参考になればマネっこして下さいm(__)m

それでは、まったねぇ~ヽ(´ー`)ノ
  1. 2017/08/06(日) 16:19:32|
  2. 機材など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

GP2君のネタ切れシリーズ(-_-)                     父ちゃんのお写真評価法(・∀・)

あ~いヽ(´ー`)ノ
いつまで続く?このドン曇り(-_-) GPドス。

さて、まったくネタ切れした父ちゃんとぼく(;ω;)
何か記事にしようにも、それらしいものは無く・・・
画像を再処理する気力も父ちゃんにはありませんよ・・・

お仲間さんからも「撮れてない(-_-)」ですから、「写真出来たけど見てよぉ~」
なんてご依頼もなく・・・
ましてや、「使ってないから不具合がどうの・・・」って機材の調整の依頼もなく・・
毎日、iPadに入ってるギャラリーの写真を見てはため息をつく父ちゃんです・・

そんなある日、とある方から父ちゃんはこんなことを聞かれましたよ?
「自分の写真、他の方の作品。こたろうさんは何をもって、良しとするのか?」

画像処理の最中、確かに「ここはこうなっちゃダメ・・(-_-)」みたいなものは
確かにありますね・・・(ビックリするほどのノイズは論外です(笑))

ただ、これ、趣味の世界なんで「なにがダメ!」ってことは無いのでしょうけど、
父ちゃんには父ちゃんなりの「基準」みたいなものがあるようです。
今回は父ちゃんが何を見て「OK」とするかについて、父ちゃんのお写真でぼくが解説してみたいと思いますよ(・∀・)b

昔ですね、阿部寛さん主演のドラマで「ドラゴン桜」ってのがありましたね。
普通の高校生が個性豊かな先生方の指導の元、みんなで「東大合格を目指す」内容だったんですけど、その中で「東大は減点法での採点」って話がありました。
当時父ちゃんは「へ~ぇ・・」って思ったんですが、父ちゃんのお写真の評価方法はまさにその採点法と同じです。つまり、
「あからさまにおかしい点が無ければ良し」
なんです。
星雲やガスは改造デジカメが「見た」色であって人間の肉眼とは違います。
なので、別段「びっくりするほどおかしくなければ」色は個人の自由と思ってますよ。ただ「黄色いスバル」とか「青いサドル」は・・・・(-_-)

さて、これは今年の父ちゃんのアンタレスですが・・・


45ED kissX7 1600 10分×18枚

これを例に少し解説してみますとですね。
まず、父ちゃんの天体写真全体の最低条件はですねぇ~・・・・

1 星に色があって、大・中・小の大きさの違いがある。
2 星は星雲等よりも明るい。
3 変なカブリ等は無い。
4 まぜるとグレー(下に書きますね)
等がクリアすべき第1基準のようですよ(・∀・)b

まぜるとグレーってのは、その画角内部の色の分布にもよるんですけどね・・・

これは上の写真を長辺200ピクセルにして、激しくぼかしたものデス。
右上の情報欄を見るとR/Gが同値でややBが強いですよね。
アンタレス付近ってBがやや支配的だと父ちゃんは思っていますから、こんなもんでしょうか?例えばこれが「サドル周辺」だとRが他より強くなるってことですが、ただ「あまりにかけ離れた数値」が出る場合は「カラーバランスがおかしい」って事だと父ちゃんは判断しています。
ただ、この見方は処理中に都度行うわけでなく、出来上がってから見る事が多いデス。上手い事「カラーバランス」を整えながら処理すれば必ず、それに近い結果が出るはずだと父ちゃんは考えていますよ(・∀・)b

さて、ではお題の「アンタレス付近」での評価はどうやってしているのか、父ちゃんに聞きますと・・・



1の場所ですが、
青いガスの上に赤の強い暗黒帯(左のはGが強い)が被さっていて、その奥にさらに赤いIC348の桃みたいな場所がある。重なり合っているのであって、はっきりとは青いところとの境界がある訳ではなさそう。
2の部分は・・・
たぶん一番奥側に赤いガス。その手前にアンタレス。一番手前に黄色のガスがある。
アンタレスに照らされて黄色のガスは霧のよう透けて見えるようになっているが、色がベッシャっとつぶれる程輝度の高いところは無いみたい。黄色のベールの奥に赤やら黒っぽいバックが透けて見えている。
3のM4付近は・・・
M4は本来「白い」らしい・・・撮って出しの画像の色相を強調するとM4の周囲には
黄色(オレンジ?)の星と、さらに外側に「青い星」が取り巻いているように見えるからこれを再現する。ヽ(´ー`)ノ

但し、そこだけを「選択し個別に処理したりはしません」カラーバランスをうまく撮れれば自然にそうなるはずなんです。(実際そうなりました。マスクは使いますが・・)

とまあ、上の項目にこのアンタレスの項目を足したものがちゃんと画面に表現出来ていれば「出来上がり~ぃヽ(´ー`)ノ」となるようですよ。

まあ、あくまで「父ちゃん基準です
でも星のお写真を処理するにあたっては、やっぱり皆さんそれぞれ「人には譲れない基準」ってものをもって処理しないといけないと父ちゃんは考えていますョ。

父ちゃん曰く「星雲のガスが少々淡くても、星に大きさや色があればそれなりに見える(・∀・)b」そうです。
少なくても「星が皆同じ大きさで真っ白」な写真はいくら星雲がうねっていても、
父ちゃん的にはNGだそうです。
これは初心者時代に諸先輩方の写真を見まくって、父ちゃんが感じた
「自分が綺麗だと感じる写真はどれか?」
「なぜそう感じるのか?」
を自分なりに煮詰めて出した「父ちゃんの屁理屈的基準」なんだそうです・(-_-)

さあ、みなさんも「こだわりをもって」再処理・画像処理に励んでくださいませ。
ボヤいても「晴れません」もんね!

それでは~ヽ(´ー`)ノ
  1. 2017/08/01(火) 15:37:31|
  2. 天体写真など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

プロフィール

こたろう

Author:こたろう
迷人会のこたろうです!

訪問者様

Windy

お天気!!

天体写真ブログ村

ポチっとお願いしたします。

Dragon radar!

大爆笑!天文ブログ

おもしろ検索サイト

こちらもどうぞ!

天文リフレクションズ

迷人会工房

お取り扱いはこちらm(__)m

大阪あすとろぐらふぃ~迷人会

LINEスタンプ

天文あるあるスタンプ。

お取り扱いはこちら。

UNIQLO UTme!

オリジナルウェア!

お取り扱いはこちら。

迷人会工房Blog

工房のブログへはこちらから!

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

カテゴリ

父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記 (154)
機材など (88)
父ちゃん語る (12)
天体写真など (29)
あすとろぐらふぃ~迷人会 (34)
画像処理みたいなん (3)
父ちゃんのカメラ講座 (3)
こたろうデザインgoods (2)
ツール (1)
その他 (26)
未分類 (9)
ももとじいじのお部屋 (9)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック