FC2ブログ

こたろうさんのブログ

父ちゃんとGP2の奮闘記 evolution series3









失敗しない天体写真ヾ(*´∀`*)ノ                           フラット(。-`ω-)b

あ~いヽ(´ー`)ノ
こたろうデス。

今回のお題は「フラット(。-`ω-)b」

みなさんやうちの迷人会でもこいつで頭を抱えている方も多数いますね。

WEB等を見ていますと、やり方・意見・論理等様々で「どれが正解かわからない!」
っていうのが「フラット(。-`ω-)b」
なのでこたろうがやってるフラットについて書いてみます。

当然私がやってることですから、これが正解という訳はなく当然使用ソフトによっても違うでしょうからネエ・・・

まず、私の処理環境ですが・・
ダーク・フラット・フラットダークはすべてステライメージです。
そのまま1枚づつべイヤーカラー変換しカラー化しています。
処理過程は後ほどの紹介として、私はこれから紹介する方法とステラでフラットを
失敗した事がありません。
あっ! 1度だけ失敗したことがありました。。。
それはELパネルを使った時です。(ひねくれてます)

ではまずフラットの種類を私が考えている通りに分類してみますね。

1 人工光源フラット
 ELパネル・タブレット・LED専用品等を使用したフラットです。
 メリットは明るさを一定にできる事。周囲からの迷光を遮断すれば
 いつでも撮影できます。
 デメリットはそれなりの装置が必要なことです。タブレットはお持ちの
 方も多いとは思いますが、反射等の大口径は大きさが足りませんね。

2 スカイフラット(明)
 明け方、又は曇り空等の空で撮影するフラットです。
 メリットは設備がかかりません。
 デメリットは色が調整できない、明るさが変わっていく。カメラの適正露光
 という理屈がわからないと理解しずらい。ですね。

3 スカイフラット(暗)
 撮影時の夜空でライトフレーム(星の写真)と同じ露光時間で撮影するものデス。
 メリットはフラットダークが通常のダークと使い廻しができる。
 少ない枚数のものでしたら、周辺の光害情報も同時に移る為、ライトフレームから  
 の光害補正が可能? ということです。
 デメリットはその逆で、ライトフレームを多枚数重ねたコンポジット画像では
 合成平均された光害情報とフラットの光害情報が混ぜこぜになって
 「わけわからん」画像になるかも・・・(-_-)
 これをやってる知人がいますが、かなりの確率でバックに色むらが出る気が
 します。
 あと、撮影に時間を取られますね。ライトフレーム10分ならフラットもダークも
 10分なわけですから・・・(-_-)

まずは取得方法の分類でした。m(__)m

では、具体的に私が実際にやってる方法を説明します。
っとその前に「カメラの操作です」(。-`ω-)b
まずこれを見てください。

これは私の使うEOS kiss X7のファインダー内部表示です。
中央のドットバーが「露出レベルインジケーター」です。
真ん中にドットがありますね。この状態が「カメラが判断する適正露光」です。
つまり「目で見た明るさと同じに写る」ってことです。
ドットが右に行けば画像は明るく(露出オーバー)左に行けば暗く(露出アンダー)
になります。
モードはM(マニュアル)ISO100でシャッタースピードが1/125、絞り8.0です。
上の写真ではこれでカメラは適正露光だと言っているわけです。
実際に望遠鏡に接続していると、この「絞り」の表示は0.0になっているはずですが
ここは問題ありません。

以前のカメラ講座でカメラは「白いものも黒いものもグレーにしようとする。」
って書きましたが、フラットはライトフレーム(明るくグレーに近い)なので
これに当てはまります。

ではまず、45EDでのタブレットを使ったフラットの実際です。
まずペイントやPhotoshopなどをつかいグレーの画像(RGB同値)を作ります。
これをタブレットに保存しておきます。
フラットは撮影条件に合わせないといけません。ですから、私は以下の様にします。

・ISO感度同じ。
・フード・フィルター等撮影時の装着物も同じ。
・ピント位置も同じ。
この状態でこいつを使います。

フードにすっぽり入るリングを厚紙で作成し先端に「手芸用刺繍枠」をはめ込んだものデス。それに「白色ビニール2枚重ね」をピンと張って装着です。これを現場で鏡筒を上に向け、先ほどのグレー画面を表示させたタブレットを載せます。

タブレットの画面を極力暗くしておきます。
カメラの「露出レベルインジケータ」を見ながら「適正露光値」のやや右
+1と1/3の辺りにドットが来るようにシャッタースピードを変化させます。
ドットをこの位置にするのは「カメラの明るいものに対する誤差」を
修正する為です。(カメラ露出計は明るいものは暗くしようとする)

あくまでこたろうの主観ですよ・・・(-_-)

この位置にドットが来た時点でシャッタースピードの値を確認します。
私は1秒~1/4秒位の間で撮影をします。
もし、このシャッタースピードにならない場合は、タブレットの明るさを
調整します。
この作業は最初にやったら、タブレットの明るさと筒やISO感度を変えない限り
いつも同じですから、次回から同じシャッタースピードでいけます。
覚えておけばいい訳デス。
ただし迷光の問題がありますから、必ず暗いうち、又は暗い場所で行ってください。

その後フード等を外し、レンズにキャップと着るものなどで厳重に蓋をして
そのままフラットダークを撮影します。

次はBKPなどのスカイフラットです
私は上記したスカイフラット(暗)は行いません。
5分・10分のフラット取得は「迷光」の危険性が高いからデス。

まず、明け方東の空は避けて(明るさの変化が速いため)鏡筒を空に向けます。
フードには当然それ用のビニールをはった「拡散板」を付けます。
同じようにレベルインジケーターを眺めながら、先ほど記した1~1/4秒の
シャッタースピードで、かつ上記のドット位置に空が明るくなるまで待ちます。
レベルが1と1/3になり、かつシャッタースピードが1~1/4の間になった瞬間
一気に必要枚数を撮影します。(笑)
刻々明るさが変わりますから、明るさに対応してドット位置が変化してしまう前に速やかに撮影するわけです。
「なぜかって?」各フラット単体のシャッタースピードが違ったら「フラットダーク」の「シャッタースピードいくらやねん(-_-)」ってなりますからね。
そして、その後フラットダークです。当然フラットと同じシャッタースピードです。

これが撮って出しのフラットです(BKP分)

青いでしょ・・・(笑) 空ですからね・・・(-_-)
私はこの「明るさの雰囲気」を覚えていて、いつもこんな明るさに写るようにしています。
で、これをグレーにしたらこんなデス。

周辺光量低下とセンサー上のゴミが写っていますね。
ただし、グレーにはしません。上の写真のロー画像をべイヤーのまま使いますからね。(・∀・)b

私の経験上ステライメージのフラット補正は色は関係ないように思います。

フラットをべイヤーで読み込み(この時点ではしましまのへんちくりんなモノクロに見えマス)バッチのコンポジット。加算平均σクリップ、しきい値1.1、ピクセル補完バイリニアでいきなり実行です。(位置合わせをしてはいけません)
これをFitsで保存します。
同様にダーク・フラットダークも処理して、3種類のFitsファイルを作成し、
同じくステライメージ上で開いたライトフレームに対し、バッチ・共通ダークフラット補正で上記3種を項目別に当てはめ実行します。

ここで注意はステラの場合「暗いフラット」だとこの後の「べイヤーカラー変換」時
ガンマをかけると「真っ白」や「真っ黒」画像になることです。
実際にはヒストグラムの大右や大左に飛んでいるので、レベル位置を上げ下げすればいいと思いますがややこしいですし、精神衛生上も悪いですから(笑)
先ほどくらいのフラットの明るさを意識しています。

これで、私はほぼ失敗なくフラットが当たります。
なお、ダーク・フラット・フラットダークの3種は必ず取得するようにしてください。手を抜くとろくなことはありません。
邪魔臭くても「基本通り」にデスヽ(´ー`)ノ

みなさん、ご参考になるかはわかりません。
「こたろうのは邪魔臭い」と思う方もいらっしゃるでしょう。

天体写真って処理も撮影条件や場所・時間、本来「邪魔臭い」ものです。
それを「少しでも楽しよう」って、これらの画像を生成する部分で
手を抜くのは間違いだと私は思いますデス(・∀・)

では、頑張ってくださいませ。ヾ(*´∀`*)ノ






関連記事
  1. 2016/12/09(金) 14:33:18|
  2. 機材など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24
<<父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記ヽ(´ー`)ノ                  南紀の悪夢再び・・(;ω;) | ホーム | 父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記ヽ(´ー`)ノ                  涙に滲む薔薇星雲( ;∀;)>>

コメント

No title

こたろう将軍さまこんにちは
参考になります是非これを習得したいと思います。
有難う御座います。
  1. 2016/12/09(金) 19:04:00 |
  2. URL |
  3. 夕焼け熊五郎 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> 夕焼け熊五郎さん
こんばんわ大王٩( ᐛ )و
大王はカメラレンズで撮影してこられたので、ファインダー内部表示はわかると思います。ぜひ実践してみてください\\\\٩( 'ω' )و ////
  1. 2016/12/09(金) 19:09:00 |
  2. URL |
  3. こたろうさん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

アイちゃんは面倒くさいからフラットもダークもやってません。
って言うよりも、光学系のクセが少し残っている方が好きだったりします。
  1. 2016/12/09(金) 19:54:00 |
  2. URL |
  3. アイちゃんです! #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> アイちゃんです!
こんばんわ。光学系の癖を残すのはカメラレンズなんかだと私もするんですけどね、直焦点で残って炙ってると変に真っ黒だったり緑だったり。。。
なんで、補正するわけです٩( ᐛ )و
  1. 2016/12/09(金) 19:57:00 |
  2. URL |
  3. こたろうさん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こんばんは。
こたろうさんの今回の記事、有難うございます。
とても参考になりました。
小生は②の方法で、B/W化してSI7で処理しています。
フラットはスーパーのレジ袋を被せて、明るくなってから撮っています。適正露出より少しオーバー気味の露出です。暗いフラットフレームだと処理後の画像は明るくなって(当たり前)、やかましい画像になってしまいます。
  1. 2016/12/09(金) 22:13:00 |
  2. URL |
  3. yoshy #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> yoshyさん
こんちは。コメント有難うございます。
どれが正解という事でなくて、きっちりできたらいいのですけど、あまりに周りで「フラットが・・」の声が多く、自分があんまり失敗した事のない方法を紹介しました。
SI7ならわざわざB/W化する必要はないのではないですか?べイヤーでの処理ではないのでしょうかね?
  1. 2016/12/09(金) 22:41:00 |
  2. URL |
  3. こたろうさん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

自分も3番です。
自宅周辺では結構光害があるんで1や2だと色ムラがひどくて全くダメです。逆に3では失敗したことありません。あっ、峠での撮影中に走り屋のライトでフラットの撮影事態には毎度失敗してますが。(笑)
それと、kissX3ではダークを引きますが、フラットダークもライトダークを使いまわしです。同じ時間なんで。
この方法、時間がかかるのは困りもんですね。毎度30分~1時間は見てます。
それから、最後の手段はぴんたんさんのフラットエイドです。これが一番いいかも。(笑)
  1. 2016/12/09(金) 23:10:00 |
  2. URL |
  3. ゴットハンド #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> ゴットハンドさん
三番ですか・・・
ゴッドハンドさんの画像だとフラット枚数が稼ぎにくそうですね・・
峠など暗い場所なら光害もあまり影響しないかもです。
ダークは同じものが使えますからいいですね。
雲が取れない時にセンサー温めかねて撮ってもいいかもですヽ(´ー`)ノ
  1. 2016/12/09(金) 23:17:00 |
  2. URL |
  3. こたろうさん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

私は、スカイフラット(暗)の場合です。
やはり、色むらが出ているようです。
スカイフラット(明)も試しましたが、空の明るさが刻々と変わり上手くいきませんでした。
参考になります。
  1. 2016/12/09(金) 23:22:00 |
  2. URL |
  3. マネリン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> マネリンさん
そうですね(明)の場合はシャッタースピードが変わりますが、そんなにシビアにしなくてもよさそうですよ。
やってみてくださいヽ(´ー`)ノ
  1. 2016/12/10(土) 00:51:00 |
  2. URL |
  3. こたろうさん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おはようございます。
2番使いのB.S.Revolutionが惨状です。
本当は1番が希望なのですが、先立つものが... (゚∀゚)

2番だと前半撮影して月の出で撤収が難しくないですか?
ピント位置が変わるので日が暮れる前に撮るのもチョット

ちなみにフラット画像は何枚ぐらい撮られてます?
私は連写が息継ぎしだすので8枚くらいにしています。
  1. 2016/12/10(土) 06:30:00 |
  2. URL |
  3. B.S.R-e #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

3はやったことがないです。
1も2もよく失敗します。
2でISO同じでやるとシャッタースピードの調整が難しくて(タイマーが1秒刻みなので)ISO同じのと、保険でISO下げてヒストグラム合わせるのと撮影しています。

1はなぜ失敗するのか謎です。
ELシートでBKP200だとほとんど失敗します。
でもBKPのスカイフラットはもっと失敗します。
BKP200はELシートで大量に色々撮影して何度もフラットの確認をするのに疲れました。

FSQは1のフラットを合わせて周辺減光確認すると全面キレイに水平になっていて気持ちよかったです。
反射のフラットって難しかったりするのでしょうか。
口径も関係したりするのでしょうか。
しばらくBKPは眼視専用になってもらう予定です。
  1. 2016/12/10(土) 10:47:00 |
  2. URL |
  3. 787b #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おはようございます将軍(^^)/
先週、初めてスカイフラットを初体験したおりおんです。
いつも、FSQにipadでフラットを撮ってましたけど、イプはipad使えませんからね~(笑)
いや~、なんか焦りましたよ(笑)人工光源ならいつでもフラット撮れますけど、スカイフラットは時間との勝負ですね。
にしても、手芸用刺繍枠、なかなかええですな。
  1. 2016/12/10(土) 11:01:00 |
  2. URL |
  3. おりおん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> B.S.Revolutionさん
こんにちは。1の方法が決して優れているとは思いませんよ。現に超ベテランの方々が「スカイやぁ~」って言及している事実もあります。
私個人的には2なんだろうなぁ~って思っています。
原始的な方法ですが、光の入射方向や質を考えた時、何んとなく理にかなってる気がします。(・∀・)b
  1. 2016/12/10(土) 11:24:00 |
  2. URL |
  3. こたろうさん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> 787bさん
屈折だとまず1・2なら失敗はないはずです。周辺減光は光軸の中心から同心円に減光してますね。屈折は軸の中心がずれないですから、カメラを縦横にしても同じです。
対して反射は中に斜鏡やスパイダーと言った構造物があります。光軸も決してド中心というわけではないですね。以前私のBKPを大塔で見て何か気がつきませんでしたか?「汚い鏡筒」だったでしょう?テープベタベタで・・ 787bさんのBKPをみて「フラットムリやろうな、、」って思ったんで、その事は何度かお話しました。BKPの底は鏡がむき出しです。つまり前に蓋をしても後ろは蓋されていません。トップリングなんかの隙間からも光が入ります。なので本来反射は 2>1>3の順で理想ですが、787bさんのは上記理由で1>3・2だと思います。まずはすべてに「目張り」してください(笑)
  1. 2016/12/10(土) 11:36:00 |
  2. URL |
  3. こたろうさん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> おりおんさん
こんちは提督( ノ゚Д゚)
確かに忙しくあわただしいのですが、ベテランさん曰く「イプのフラットはスカイやぁ~(。-`ω-)b」
だそうですよ。
私も反射はそうだと思います。

手芸枠の利用は提督の「キラキラワイヤー」から前をさせて頂いたものでしたねヾ(*´∀`*)ノ
いつでもビニールが交換出来て便利です。(・∀・)
  1. 2016/12/10(土) 11:40:00 |
  2. URL |
  3. こたろうさん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こんにちは。
とても勉強になりました。理論的で、読んでいて面白かったです。
私はスカイフラットは成功したことがありません。すっきり晴れた空にそう巡り合えないことが第一原因だと思っていました。
今はELシートで行いうまくいっていると思います。
買ったELシートが少し汚れているので、シートを回しながら数枚撮影してコンポジットしたものをフラットシートとしたいのですが、そうするとRstackerで使えません。ですので、トレーシングペーパーを重ねて汚れを目立たないようにしてごまかして使っています。
  1. 2016/12/10(土) 23:52:00 |
  2. URL |
  3. たっくん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> たっくんさん
こんばんわ。フラットはゴミの事を除けば使い回しができますね。一度バッチリフラットができたら、大切に置いておくこともアリです٩( ᐛ )و
ムラ有りの光源は怖いです。2の方法だと雲とかですね。
以前カメラレンズのフラットをスカイでやって、被写界深度が深いためビニールを張っていても、電線がモンやり写ったにはビビリました(笑)
  1. 2016/12/11(日) 00:30:00 |
  2. URL |
  3. こたろうさん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

何時もコメントありがとうございます。
ライト画像もグリコのお手上げ状態なので、フラットは雲の上でしたが、ライトを撮った後、続けて同じパラメータでスカイフラット(暗)を撮って、インチキ画像処理したらバックが引き締まった黒になった時が1度有りました。
偶然ですが、面白く成りました。
今は、足踏み状態(汗)ですが時間を持て余してるので楽しんでます。(笑)
  1. 2017/04/08(土) 07:07:00 |
  2. URL |
  3. オヤジ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> オヤジさん
こんにちは。フラットは敷居が高そうですが、慣れてしまえばそうでもありません。ぜひマスターしてください。
  1. 2017/04/08(土) 11:29:00 |
  2. URL |
  3. こたろうさん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

フラットは人それぞれですね。

人口光源&RAP2による手抜きフラットでも、ちゃんと当たりますよ。ご参考まで。
http://www.it-as.net/el/el_flat.html
http://www.strange-stargazers.jp/walker/rap/raprel.shtml

メリットは、フラット撮影は年に1回くらいで手抜きできる。
デメリットは、若干の機材購入費用がかかる。
です。
  1. 2019/03/19(火) 15:16:09 |
  2. URL |
  3. 六甲山の天体写真 #-
  4. [ 編集 ]

私は3番派です(*`・ω・)ゞ
少ない枚数だと気持ちいいくらいに決まりますが、このまえたくさん撮影したらムラ的なものが出ました・・
ムラと戦う方向でいきますが、ダメな時の最後の手段に1番という戦法にしています。
広角のカメラレンズのフラットに比べたらたいしたことないです(笑)
  1. 2019/03/19(火) 15:16:44 |
  2. URL |
  3. せぱたん #-
  4. [ 編集 ]

Re:

> 六甲山の天体写真さん
こんばんわ。RAPなら問題ないですね。
残念ながら、反射は縦横で微妙なズレがあり、軸調整でもやや変わります。あとでゴミがあった場合、処理で消すのが邪魔臭いので、フラットは必ず現場で撮っています。
  1. 2019/03/19(火) 15:17:27 |
  2. URL |
  3. こたろう #-
  4. [ 編集 ]

Re:

> せぱたんさん
こんばんわ司令官\\\\٩( 'ω' )و ////
司令官はそうですね。多枚数の時はムラが出る時がありますね。そうなると暗いフラットは却下して被り取りだけやる方がまだマシですね。٩( ᐛ )و
  1. 2019/03/19(火) 15:18:09 |
  2. URL |
  3. こたろう #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://kotarouseed33.blog.fc2.com/tb.php/118-506b0ecd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こたろう

Author:こたろう
迷人会のこたろうです!

訪問者様

Windy

お天気!!

天体写真ブログ村

ポチっとお願いしたします。

Dragon radar!

大爆笑!天文ブログ

おもしろ検索サイト

こちらもどうぞ!

天文リフレクションズ

迷人会工房

お取り扱いはこちらm(__)m

大阪あすとろぐらふぃ~迷人会

LINEスタンプ

天文あるあるスタンプ。

お取り扱いはこちら。

UNIQLO UTme!

オリジナルウェア!

お取り扱いはこちら。

迷人会工房Blog

工房のブログへはこちらから!

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

カテゴリ

父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記 (154)
機材など (88)
父ちゃん語る (12)
天体写真など (29)
あすとろぐらふぃ~迷人会 (34)
画像処理みたいなん (3)
父ちゃんのカメラ講座 (3)
こたろうデザインgoods (2)
ツール (1)
その他 (26)
未分類 (11)
ももとじいじのお部屋 (9)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック