FC2ブログ

こたろうさんのブログ

父ちゃんとGP2の奮闘記 evolution series3









こたろうのお役立ち情報ヽ(´ー`)ノ                     梅雨時のメンテについて(・∀・)b

みなさんこんちは(゚∀゚)
こたろうですヽ(´ー`)ノ

いよいよ鬱陶しい梅雨がやって来ますね(-_-)
でも、ここは日頃「酷使してる」機材たちのメンテのチャンスでもありますョ!

ぜひいたわってあげてください。

さて、日頃迷人会内部にてメンバーの機材を調整させていただいている私ですが、
本日はまた赤道儀のメンテについて徒然なるままに書きたいと思います。
先にお詫びです。今回は初歩的なお話デス。なので機材のメンテが得意な方、ベテランの方々にはあまりお役には立てませんm(__)m
また写真も図解もなく文字ばかりですので、その点お許しをお願いしますm(__)m

うちの迷人会にはノータッチガイド専門の方が数人おられます。
ほとんどの方の赤道儀は私が調整をさせて頂いたのですが、露光時間の長短はあるものの、ほぼ8割。良い時で100%の歩留まりを叩き出しています。ノータッチと言えど、カメラレンズではありません・・・
1人は400mm越えをAPS-Cで、また一人は255mmを同じくkissで。つまり直焦点な訳デス。それで歩留りほぼ100%・・・ 風などの要因は除きますよm(__)m

そんな中に、「時期提督」と噂されるほっそんさんというルーキーがいます。
彼はいままでフルサイズ換算300mmをポラリエで、最近はFS60CBをAP赤道儀に載せフォーサーズで3分越えを多枚数というスタイルでこなしてきました。
そんな彼のAPにTSUBAKI少尉がオートガイダーを付けてみたら・…
「ほとんど補正無のガイドが出来ているんですヽ(´ー`)ノ」
つまり、3分程度ならオートガイドしてもノータッチでも同じ!というわけです。
この正確な赤道儀の動きは「据え付け」に秘訣があると私は思っています。

そこで、今回は簡単な赤道儀メンテの「ポイント」みたいな事をまとめてみたいと思います。

赤緯
ここは出来るだけバックラッシュが出ないようにウォームホイルとギヤを調節します。オートガイドの場合ここの遊びが多いと、補正時に行ったり来たり、または補正が遊びに吸収されて思ったように補正されずガイドが暴れます。
ただし、鏡筒を載せるとギヤが詰まる可能性がありますから、必ず鏡筒を載せて確認する必要があります。当然ノータッチガイドの場合は関係がありません。
自動導入時にやや誤差が出る程度です。
また、モーターとウォームギヤを繋ぐ平ギヤの間隔もあまり「ギチギチ」に詰めるとガイドに影響が出ます。これは平ギヤにも偏心が存在するからデス。これらは赤経も同じです。

赤経
ここのウォームホイル・ギヤ間は少しオートガイド時の動きが違いますよね。
赤緯は「正転・逆転」の動きをしますが、恒星時追尾をしている赤経は
基本「進む・止まる」です。
144歯のウォームホイルの場合10分に1回転ウォームギヤが回り、ホイルの歯を1つ進めます。つまり10分でギヤは1回転ホイルは10分で1歯進む訳デス。
で、このギヤ間はやや遊びを残して調整するようにしています。
オートガイド前提ではそうでもないですが、ノータッチの場合10分に1回回転するウォームギヤの偏心(ピリオディックモーション)の影響を受けるからデス。
ギヤが詰まる方向になっていくため、例えば3分露光だと1/3がやや遅れ気味になります。(ただし遊びを残した場合は東荷重が前提)

極軸望遠鏡
極望が最大の問題です。今年に入り7台の仲間の赤道儀のメンテをさせて頂きましたが、これが正確に合っているものは1台もありませんでした。中には「メーカーで調整したのだ」というものも含まれています。
むろん電子極軸望遠鏡やその他の方法で極軸を追い込む方は問題ないですが・・・
極望を使う方で「星が上手く止まらない!」「なんかガイドが落ち着かない!」という事で預かったものは、すべてこれが最大の原因のようです。冒頭で「ほっそんさん」のお話しを出したのはここを言いたかったからデス。すこし極望のポイントを上げてみましょう。
偏心
赤経をグルグル回して、視野中心がずれないかを確認します。これがずれていると、極望は何の役にも立ちません。
南中位置
大概の極望は天の北極(視野中心)と北極星導入位置とがあります。
概ね、東経135度10月10日午前1:20に合わせると正像で視野中心の真上に北極星導入位置がこなければなりません。これが狂ってる場合も多かったです。
経度差目盛
ビクセン・EQ・スカイメモS等には経度差目盛があります。
自分の観測地は東経135度からどのくらいずれてるかを補正するための目盛なんですが、赤緯体を回しているうちに月日目盛の「皿」が勝手に回ることがあり、ここがずれているのに気づかず極軸を合わせている事も多いデス。
極軸合わせの時は必ず都度確認する必要があります。
ズレていれば「全く違う観測地で極軸を合わせている」のと同じですからね。
月日目盛の皿は手で回せますから、指標と観測地の誤差を合わせます。

極望は、1偏心・2南中位置を調整の上で、都度据え付け時の経度差確認を必要とする訳デス。

迷人会内でもガイドが上手くいかないと「ソフトのパラメーター」をすぐいじる方がいますが、それを行う前に時間を見つけてまずこれらの基本部分を一度見直すこともいいのではと思います。梅雨ですしね・・(-_-)

あとは、鏡筒や赤経のバランスですかね・・
これも基本中の基本ですが・・・
あと上記の赤道儀の場合「目盛を0時に固定するネジ」があるはずです。これはガイド時は必ず緩めてください。「目盛がグラグラになるやん」って思うでしょうが、それでいいんです。そういう構造なのですから。
試しにガイドが上手くいってるときに、このネジを締めてみてください。
暴れますから・・・(-_-)

さて、いかがでしたでしょう?
梅雨は鬱陶しいですが、こんな時期こそモチベーション維持のため愛機のメンテですよ! そうすれば「ポチ病」感染は防げるのではないでしょうか(笑)

追伸
撮影時・操作時「締めて使うもの」ネジ・クランプ類は「保管する時緩めておく」は基本です。これは赤道儀だけでなく機械類は皆同じですヽ(´ー`)ノ
関連記事
  1. 2017/06/02(金) 15:58:01|
  2. 機材など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
<<GP2の機材日記(*´σー`)                      12号機ヽ(´ー`)ノほか・・・ | ホーム | 父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記ヽ(´ー`)ノ               父ちゃん鯛と鮃を釣る( ゚Д゚)σ>>

コメント

No title

新しいSXPでまたガイドが流れるので色々確認したら、高度調整後に高度調整クランプを締めていませんでした・・・

1の極軸中心の確認は鉄塔先端を中心にしてグルっと回したらキレイに先端を中心に一周したのでOKだと思うのですが。
2は知りませんでした!
極軸合っていても南中位置がズレることがあるのですか。

あ、SXPの三星極軸望遠鏡だと極軸望遠鏡の芯の確認だけでいいのでしょうか?
説明書では「回らなくなるとこまでねじ込んで締めればいい」とだけ書いてあって調整は芯合わせだけみたいでした。
  1. 2017/06/02(金) 16:35:00 |
  2. URL |
  3. 787b #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> 787bさん
こんにちは。
そうですね。新しいビクセンの極望はクルクル回して合わせるのが基本なんで、南中位置は関係なくて、他の2星の位置から北極星の導入位置を割り出す方法のはずです。3星タイプなら残りの他の2星がはっきり見えるなら、かなり正確に合わせられんじゃないですか?
私の眼では他の星は見えないと思いますが(笑)
  1. 2017/06/02(金) 16:49:00 |
  2. URL |
  3. こたろうさん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

そろそろ梅雨のシーズンですね。スカイメモRの調子が悪いのでメーカー送りの予定です。自分で出来ればよいのですが、ちょっと太刀打ち出来そうもありません。

CD-1の極望の調整を最近やってないので、これは遠くの鉄塔で確認してみます。
  1. 2017/06/02(金) 17:37:00 |
  2. URL |
  3. 六甲山の天体写真 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

あたしのこたチューンSPDXはEQ用の極軸望遠鏡に換装して極軸合わせはポラリススコープというアプリで合わせています。SLIとPFIも付けて頂いたので極軸合わせはとっても楽です(*・∀・*)
お陰さまで歩とどまりもバッチリです。たまに東荷重忘れると直ぐに影響が出ます。これ結構大事なんですね。
  1. 2017/06/02(金) 18:18:00 |
  2. URL |
  3. あみかん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> 六甲山の天体写真さん
こんばんは。同じスカイメモでもRは精度の高いポタ赤ですよね。内部構造も単純且つ丈夫です。ウオームも砲金ですしね。この時期は筒も含めて、メンテが健全ですよ٩( 'ω' )و
  1. 2017/06/02(金) 21:20:00 |
  2. URL |
  3. こたろうさん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> あみかんさん
こんばんわ。もともと精度の良い赤道儀ですからね٩( 'ω' )و
調整して極軸の据付さえキッチリできれば、かなり好成績な結果が出るはずです。
自動導入兼オートガイド用と違い、ノータッチ用は結構遊びを設けてあります。なので荷重が絶えず東側にかかるように心がけて下さい。風の強い時はさらに多めに荷重をかけても大丈夫ですし、それの方が安定しますよ٩( 'ω' )و
  1. 2017/06/02(金) 21:24:00 |
  2. URL |
  3. こたろうさん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

え~っ、目盛環固定ネジは緩めるのが正解なんですか。
ここは全くのノーマークでした。
そもそもあのネジがGPとGP2で違うのにも驚きです(゚∀゚)

中古で買ったGPは極軸望遠鏡のパターンがなんか違うし(古いだけじゃないみたい)
南中位置とか目盛環の位置もなんかおかしいし、現在悩み中です。

他の方のガイドグラフとかすごく気になります。
今度見せてもらってもいいですか?
  1. 2017/06/02(金) 22:23:00 |
  2. URL |
  3. B.S.R-e #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> B.S.Revolutionさん
はい、GP使いにとっては常識です。ただはめ込んでいるだけなのに、極軸を回すと一緒に回るのは軸の固定ナットに粘度の高いグリスで引っ付いているからです。なので、これを固定しますと、グリスがネバネバなのにメモリ環の内側でねばーっと極軸体が回ることになります。これは抵抗以外の何者でもありません。。。このことは説明書11ページに書かれています。結構みなさんGPの使い方をご存じないようですね。。。(笑)あのネジは0時に固定して極軸を合わせる時のためのみにあるんです。SP系の赤道儀はこの極望用の時間メモリとメモリ環の両方が付いています。その辺りはSPの方が少しマシです。
  1. 2017/06/02(金) 22:40:00 |
  2. URL |
  3. こたろうさん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

おはようございます

一時調子が良かったのに欲を出して調整したら不調に(^_^;)
過ぎたるは・・・・・、のようです。
参考にして、もう一度調整してみます。
  1. 2017/06/03(土) 10:09:00 |
  2. URL |
  3. マネリン #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こんちは将軍(^^)/

SXPを使って5年、ノーメンテの上にガイドありきなので、極望精度の確認すらやったことのないおりおんです(ー_ー)
極軸をしっかり合わせてるつもりなんですけど、430mm程度で、補正がちょくちょく入るので、いちどちゃんとチェックしようと思ってたりしてます(*^_^*)まあ、バランス等の影響もあるんでしょうけどねぇ。
GP2は以前使ったことあったのに目盛環の固定ネジを締めるのか緩めるのか忘れてしまっている体たらくです(笑)
今回はウチのGP2くんがお世話になりまして。次新月期が楽しみですよ(*^_^*)♪
  1. 2017/06/03(土) 10:39:00 |
  2. URL |
  3. おりおん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> マネリンさん
こんにちは。
処理も機材整備も過ぎたるは。。。。です٩( 'ω' )و
加減が難しいですが、現場で動かしながらだと良くわかりますから梅雨時期晴れ間を狙ってやってみてくださいね(〃ω〃)
  1. 2017/06/03(土) 11:13:00 |
  2. URL |
  3. こたろうさん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> おりおんさん
こんちは提督٩( 'ω' )و
SXPは強度も精度もあるので、極望の調整確認だけで済むと思いますよ(〃ω〃)
提督のGP2はNo12号として蘇りました。大丈夫です٩( 'ω' )و
  1. 2017/06/03(土) 11:15:00 |
  2. URL |
  3. こたろうさん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

こたろうさんこんにちは!
こたチューン済の赤道儀では、かなりの精度で撮影されているのは存じてましたが、その精度を維持するには当然クランプフリーでの運搬・保管ですよね。目盛り環はメンテの時に、あの接着剤の様な黄色い粘着物をグリスクリーナーで除去した後組み付けて気づいたんですが、径を大きめに作ってクリアランス稼いでいるんですね。
来たる梅雨時期は機材メンテが捗る時期ですが、宿舎狭いので注目を浴びながら廊下でやろうかな(笑
  1. 2017/06/04(日) 15:56:00 |
  2. URL |
  3. さすらい #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> さすらいさん
結局、極望の据付と基本の設置ありきだという結論ですね。ノータッチを極めた方の赤道儀にオートガイドかましても補正は少しで済む理屈です。
ぜひ、梅雨時整備してあげて下さい(〃ω〃)m
  1. 2017/06/04(日) 19:23:00 |
  2. URL |
  3. こたろうさん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

いやはや、こうして見ると、自分は全然初歩的なメンテナンスしてませんね(^_^;
せいぜい極軸望遠鏡を1度調整したくらいです。
でも極軸望遠鏡の偏心を直しただけで見違えるように追尾精度が良くなったので、極軸望遠鏡の調整は非常に重要だなと痛感しています。
  1. 2017/06/07(水) 21:13:00 |
  2. URL |
  3. ねお丸 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

No title

> ねお丸さん
いやいや、まずは極望です。これが狂っている段階で不具合が出ても原因が追求できませんからね。何事も基本項目は正解の状態で、で?何が悪いのか?問題か?ですよ(〃ω〃)
  1. 2017/06/07(水) 21:21:00 |
  2. URL |
  3. こたろうさん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://kotarouseed33.blog.fc2.com/tb.php/84-8bbe1793
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

こたろう

Author:こたろう
迷人会のこたろうです!

訪問者様

Windy

お天気!!

天体写真ブログ村

ポチっとお願いしたします。

Dragon radar!

大爆笑!天文ブログ

おもしろ検索サイト

こちらもどうぞ!

天文リフレクションズ

迷人会工房

お取り扱いはこちらm(__)m

大阪あすとろぐらふぃ~迷人会

LINEスタンプ

天文あるあるスタンプ。

お取り扱いはこちら。

UNIQLO UTme!

オリジナルウェア!

お取り扱いはこちら。

迷人会工房Blog

工房のブログへはこちらから!

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事

最新コメント

カテゴリ

父ちゃんとGP2のドタバタ遠征記 (154)
機材など (88)
父ちゃん語る (12)
天体写真など (29)
あすとろぐらふぃ~迷人会 (34)
画像処理みたいなん (3)
父ちゃんのカメラ講座 (3)
こたろうデザインgoods (2)
ツール (1)
その他 (26)
未分類 (11)
ももとじいじのお部屋 (9)

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック